2019.06.12

Clean up for Sarah in Naruto,Japan みんなの海岸清掃

Sarah0616littre_1
  長い間書くことにためらいがありました。自然災害で多くの命が奪われ、言葉で綴ることに無力さを感じていたのです。しかし書かなければ伝わらないこともあります。私には大切な友人がいました。ブルターニュ生まれのサラさんです。

 Accident aérien en Ethiopie: la victime bretonne Sarah Auffret, experte en tourisme polaire

 今年3月9日の夜、「世界ふしぎ発見!」で南極特集を見ていました。そこではサラさんが数年間勤務していた郵便局が紹介されていました。南極行きのクルーズ船の舳先には、彼女の故郷、ブルターニュの旗が掲げられていました。彼女にSNSでそう連絡しようと思っていました。その日の深夜ニュースで旅客機が墜落したことを知りました。そのニュースがどうも気にかかっていました。

 翌日6時ごろ電話があり、その飛行機にサラさんが搭乗していたことを知ります。悲しみとともに怒りが込み上げてきました。彼女は3月11日からケニア・ナイロビで開催される第4回国連環境総会で日本・ノルウェー・スリランカの共同提案に基づく「海洋プラスティックごみ及びマイクロプラスティック」に関連してクリーン・シー・プロジェクト活動を発表する予定でした。ボーイング737には総会出席予定者が40名以上搭乗していたのです。

 すぐにFacebook上に追悼ページが作られ、突然の訃報を耳にしたサラさんの親族が彼女の生前の意志を尊重し誕生日である616日に追悼のイベントを企画しました。それに賛同した人々が世界約70カ所で一斉に清掃を実施いたします。鳴門は彼女が2010年に最初にビーチクリーニングを行った場所です。私も参加していましたし、このブログでもその活動を何度かお知らせしています。そして今年6月16日、鳴門でもClean up for Sarah in Naruto みんなの海岸清掃を実施します。

 Clean up for Sarah World Map 

  世界地図に南極だけ記載がありませんが、南極は現在冬なので12月16日に実施することが決定しています。この地図には一人あるいは数人でゴミ拾いをする人の記載はありませんので、実際には世界100カ所程度で行われると予想されます。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019.05.30

ローズガーデンをつくる No.24 バラの花咲く季節

2012guysavoy

 

  絞りが華やかなGuy Savoy ギー・サボォアはフランス・デルバール社のバラです。ミシュランガイドで三ツ星を獲得しているレストランのシェフの名前なんですよ。とってもしっかりしていて、大木になりそうです。ほかのバラより少し開花は遅いのですが、次々とたくさん花が咲きます。

 

2012grandmogul  我が家で一番大きな花を咲かせてくれるのは、Grand Mogul グラン・モゴール。最大で直径15cmくらいになります。こちらもデルバール社のバラです。このバラはつぼみのときは白に近いのですが、咲くとがアプリコット色になります。購入するときの説明には「ティー系の豊かな芳香」と書かれていましたが、さわやかなどちらかといえば柑橘系の香りです。四季咲きで、ほかのバラが終わってしまった今でもつぼみがついているんですよ。(写真はクリックで大きくなります)

 

  この名前は16世紀にインドを支配していたムガール帝国から名づけられたのでしょうか。どことなくオリエンタルな雰囲気を持っていますね。たった一輪でも絵になるバラです。倉庫の壁に誘引していますがすでに3m以上に成長しているので、脚立に上って背伸びしてやっととどくほど。現在根本からシュートが3本伸びてきていますので、さらに大きく成長してくれることでしょう。

 

  苗を購入したのはバラの家です。

 

 

その1から読む    その25にすすむ

 

 

  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.10.19

ケルトの調べ ノース・アイル・タウン

2018kitajima

 いつも感じることですがケルティックハープ(アイリッシュ・ハープ)の調べは人の心に沁み込んでゆきます。今年の北島トラディショナル・ナイトでは長い残響音が特徴の金属弦のケルティックハープが登場。演奏するのは坂上真澄さん。アコーディオンの藤沢祥衣さんとフィドルのみどりさんを加えたユニット、「スリーラベリンス」です。
 8月に発売されたミニアルバムには坂上さんが北島町をイメージして作った「ノース・アイル・タウン」も含まれています。この曲は軽快で美しいアイリッシュ・テイスト溢れる器楽曲だそうですから、聴くのが楽しみです。
ケルトの調べ~ノース・アイル・タウン★スリーラビリンス演奏会

 

日時:平成301028日(日)午後230分開演(午後2時開場)

会場:北島町立図書館・創世ホール3階多目的ホール

入場料:大学生・一般前売り2,000円(当日2,500円)、

小中高1,500円(当日2,000円)

TEL: 088-698-1100 (電話予約も可)

| | コメント (0)

2018.04.24

ココログの表示 不具合

 新しいエントリーを投稿したら、これまでのエントリーの日付と本文の文字が大きくなり、タイトルの四角い囲みがなくなってしまいました。これはトップページだけのようですが、一体どうなっているのでしょうか。スクリーンショットを撮っておきます。

Screenshot2018424

| | コメント (0)

聖遺物入れ、無事に発見される

 博物館から盗み出されたアンヌ・ド・ブルターニュの聖遺物入れと金貨などの盗難品が発見されたと21日に報道されました。顔を隠した4人組の犯行だったようですが拘束された2人の容疑者は22才と23才で、組織的な犯罪ではなかったようです。今後さらに詳しい経過が明らかになるでしょうが、壊されることなく見つかって本当によかったです。

 

| | コメント (0)

2018.04.15

文字の大きさが普通になりません

  これまでと同じように投稿しても文字の大きさが大きくなってしまい訂正できません。これが普通の大きさなのですが。どうしたら良いのか・・・

   追加

 あれ、普通に戻りましたね。でも過去のエントリーは変更できません。HTMLを見ると文字の大きさが見出しになってしまっています。なぜこんなややこしいことになったのでしょう。

  さらに追加

 HTKLを見て見ると、中身のない<div></div>が何度も繰り返されているし下記のように文字の大きさが繰り返し書き直されて、すごいことになっていました。不要と思われる箇所を自分で削除したら、文字が大文字から普通サイズに戻りました。

<h1 id="title" class="a-size-large a-spacing-none" style="box-sizing: border-box; padding: 0px; margin-top: 0px; margin-right: 0px; margin-left: 0px; text-rendering: optimizeLegibility; font-family: Arial, sans-serif; margin-bottom: 0px !important; line-height: 1.3 !important;"><p><span style="font-size: 0.8em;color: #333333;"><span style="font-weight: normal;">

| | コメント (0)

«ブルターニュのかけがえのない宝、盗難にあう