« 81億円の文化財修復 その1 | トップページ | 雪景色 »

2004.02.23

豊かな森フォンテンヌブロー 伝統の狩り

paris.033.jpgparis.043.jpg

フォンテンヌブローの森はパリ郊外にあります。2万5000ヘクタールの広さはフランス国内でも第2番目です。フランス人の友人が狩りに行くと言うので一緒に出かけました。森の中には16世紀にフランソワ1世が改築した美しい宮殿がありますが、私たちが行ったのは森の真ん中の待ち合わせ場所です。

気温は3度、あいにくの雨でしたが、そこには深緑の狩りの正装をした人たちが集まっていて、挨拶を交わしていました。友人がみんなに紹介してくれました。幾人かのブルトン人(ブルターニュに暮らすケルトの末裔)もいて、しばしブルターニュのことで話が盛り上がりました。フォンテンヌブロー宮殿や近くのバルビゾン村はたくさんの日本人が訪れるのですが、狩りは観光用に公開されていませんし、深い森の中は一般車両通行禁止ですから、さすがに日本人はいませんでした。

猟犬がはなたれ、馬に乗った狩人たちがあらかじめ打ち合わせした方向にそれぞれ進みます。この狩りは獲物を猟犬によって追い詰めるもので、銃は用いません。私は四輪駆動のジープに乗せてもらい出発しました。あらかじめ森の奥に先回りして、猟犬の来るのを待つのです。車止めに使用されている木製の柵の鍵を開け、獣道を抜けてゆきます。木の枝が車体をかすめようと、道がぬかるんでいようとおかまいなしに疾走します。パリダカールラリーを思わせる荒々しい運転です。ところどころでエンジンを切り、かすかに聞こえる猟犬の声を手がかりに、方向を決めるのです。馬車や自転車で追走する人たちもいます。

落ち葉がかさかさ音を立てるだけで、苔むす大木が立ち並ぶ森の中は静寂に満ちています。1時間ほどたった頃、大きな角を持ったりっぱな鹿がすぐ側を横切りました。合図の角笛がこだまします。猟犬が鹿を追って森を駆け抜けました。それから約5時間、森の中をゆきつ戻りつ、奔走したのですが、何しろ起伏のある森ですから、猟犬の姿を確認できたのは3回だけでした。それでも他の野生の鹿を何頭も見かけました。狩りは日没前に終わりです。この日は鹿を見失って収穫なしに終わりました。

馬から下りた人たちと持ち寄ったパン、チーズ、パテなどを食べ、パリに戻りました。きらびやかな光の都のすぐ側に広大な森があるのです。狩りには女性も参加していました。「森の中を馬で走るのが好きだから、ほとんど毎週、雨でも来るのよ」と言います。四季それぞれに異なる美しさがありますから、新緑のころもう一度森に行ってみたいものです。

  参考資料

国立民族学博物館:ビデオテーク・プログラムフランスの鹿狩り 伝統的追走狩猟
内容についてはラブリー写字室の写字生の日記に書かれています。

|

« 81億円の文化財修復 その1 | トップページ | 雪景色 »

コメント

遅ればせながら、HPの開設おめでとうございます。

イギリスの狐狩りなら日本でもよく知られていますが、フランスの鹿狩りというのはあまり耳にする事もなく…(当然お目にかかる機会もないわけですが)。誰でも気安く参加、ないし見学できるというものでもなさそうですね。それを生で体験できたというのは、非常にうらやましい限りです。
生は無理としても、実は日本にも「フランスの鹿狩り」などというビデオがあったりします。以前、「鹿狩り」のヴィジュアルな資料が必要になった時(←これもなんだか変?)、そういうビデオが存在するという事までは調べたのでした。が、結局元の企画自体が流れてしまい、件のビデオもいまだ未見のままという…。機会があったら(仕事とは関係なくても)、見てみたいものだと思っています。
更に余談ですが、これまた以前、古楽のコンサートで「アラリ、アラリ」と合いの手(?)が入る曲を聴いた事がありました。「Hallali」というのは獲物を追い詰める時の合図(掛け声?)だとかなんとか、解説があったので覚えた単語です。そのせいで随分長い間、古語だとばかり思っていたのですが、今現在も狩猟用語として健在なのでしょうか。

なんだか私事に終始&長文書き込みになってしまい、大変申し訳ございませんでした。部外者の私がうるさくしては、三紗様はじめ皆様方のご迷惑でしょうから、今後はROMっているよう努めます。
ブルターニュは色々と心惹かれる土地ですので(このあたりの事も話すと長くなるので自制)、その地に住み、なおかつ歴史や文化に造詣の深い方がそういった方面について語って下さったら、これほど喜ばしい事はありません。

投稿: 有泉 | 2004.02.27 01:21

丁寧なご挨拶ありがとう。機械に弱いものですから、うまく編集できないのですが、そのうちもうすこし見栄えもよくしたいです。また、見に来てくださいね。

投稿: 市絛 三紗 | 2004.02.29 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/225226

この記事へのトラックバック一覧です: 豊かな森フォンテンヌブロー 伝統の狩り:

« 81億円の文化財修復 その1 | トップページ | 雪景色 »