« 消えてしまった・・・ | トップページ | クラシックカー勢ぞろい! »

2004.03.30

ヴァンデ戦争・語られざる惨劇

  フランス革命から214年たった。毎年7月14日革命記念日には、パリのシャンゼリゼで華やかなパレードが行われ、世界中から観光客が訪れる。だが一方でこの日を祝わないフランス人もいるのである。

  革命から4年後の1793年、ロワール川南部のヴァンデ一帯で反革命の狼煙があがり「カソリック王党軍」が結成された。それにブルターニュやノルマンディーの「ふくろう党」と呼ばれる蜂起軍も加わり、各地で激戦を繰り広げるが、年内に共和国軍にほぼ制圧され以後はゲリラ戦が主流になる。いわゆる「ヴァンデ戦争」である。

  それでも共和国は94年「地獄部隊」を送りこみ、フランスで語ることがタブー視されているヴァンデ一帯の大虐殺が起きた。無抵抗な住民たちの死体が累々と横たわる。女性や幼子も容赦なく殺された。人家にも畑にも火が放たれ村々は消滅した。この戦争全体の死亡者はヴァンデ側三十万人、共和国側十万人と推定されている。

  3月27日、Nantesナントから南西50キロに位置するNoirmoutierノワールムチエ島を訪れた。ここでは、1500~2000人が銃殺されている。Souvenir Vendéen ( ヴァンデの歴史を語り継ぐ会 ) の総会と、引き続いて島内のゆかりの地を訪ね、鎮魂の祈りをささげるためである。城内の博物館は城壁修復のため現在休館中なのだが、特別に見学できた。またすぐ側にある教会と、犠牲者の骨が納められた礼拝堂にも立ち寄った。礼拝堂は一般公開されていないはずなので、あらかじめ観光案内所に問い合わせてほしい。

  あるご夫婦が先祖のことを話してくれた。この戦いでご主人は3人、奥さんは23人を虐殺されたという。どれほど時間がたとうと忘れられない悲しみがある。フランス人でありながら、祝日を祝えない。それでもフランス人として暮らしてゆくのだ。内戦ゆえの悲劇である。

     関連エントリー

  ふくろう党パリ集結
  ダヴィッド・ダンジェのボンシャン侯爵像
  ナント溺死刑の追悼式典と講演会

     参考資料

ブルターニュへの旅―フランス文化の基層を求めて 田辺 保 著 
  朝日選書  1992 

ブルターニュ関連書籍 その1、3月18日参照のこと。名前をあげたボンシャン侯爵は「カトリック王党軍」の高潔な司令官で死の直前に5000人の捕虜を解放した)

ヴァンデ戦争―フランス革命を問い直す 森山 軍治朗 著
  筑摩書房  1996 

日本語で書かれた唯一の専門書。いくつか疑問もあるがこまかいことなのでここでは省略する。何しろ公文書の多くが焼かれてしまったので、フランス語の文献でも食い違いが見られるからだ。

フランス革命の代償 ルネ・セディヨ 草思社 1991 フランス革命から2世紀がたち、改めて革命の損得を考察する


GLORIA VICTIS 友人のホームページ。私が知りうる限り「ヴァンデ戦争」に最も詳しい日本人。

私はすでにエッセイとして、ヴァンデ関連の逸話を新聞等の媒体でいくつか発表しているが、これらを加筆して出版することも考えている。実現すればお知らせしたい。

|

« 消えてしまった・・・ | トップページ | クラシックカー勢ぞろい! »

コメント

はじめまして。
素晴らしい情報があちこちにあって、嬉しいめまいがしそうです♪ ルイ16世の追悼ミサがあるなんて、スゴイですねえ。フィリップさんの映画も見てみたいなあ・・。本当に
とても勉強になります。
 ところで、私の記事内にこちらの記事をリンクして貼り付けました。事後報告で申し訳ありません。
これからも時々覗きます。歴史カテゴリーは、どれもこれもワクワクします。今後とも色々な情報を楽しみにしています。

投稿: 乱読おばさん | 2008.11.08 15:31

こんばんは

先月、全くの偶然なのですが、ジャック・カトリノーさんの子孫に会うことができました。家族でひとりだけ生き残ったそうですが、それからすでに7代目だそうです。

投稿: 市絛 三紗 | 2008.11.08 20:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/369307

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァンデ戦争・語られざる惨劇:

« 消えてしまった・・・ | トップページ | クラシックカー勢ぞろい! »