« テロの脅威とバスク弾圧 | トップページ | ブルターニュ関連書籍 その1 »

2004.03.15

いつも笑顔で・・・

mokuba.JPG

mokuba2.JPG

少しずつ、日が長くなってきました。今日は外へでても、寒くありませんでした。街路樹にレンギョウ、ヤマブキなどアジア原産の木も植えられているのですが、黄色い花が咲いています。レンギョウは中国では「春を告げる花」といわれているそうです。

あっという間にこのページを始めてから1ヶ月がたちました。いつもはずっとレンヌにいるのですが、この1ヶ月のうち、10日間、パリに行っておりましたので、あまり更新できませんでした。それなのに、たくさんの方が見てくださりとても感謝しております。振り返ってみますと、ブルターニュのことはあまり紹介できていませんね・・・ 感想を気楽に書き込んでください。お待ちしています。

今日はちょっとうれしかったことをお話してみようと思います。レンヌはメトロ(地下鉄)とバスが共通で、1枚のチケットで1時間乗り放題なんです。私がメトロの入り口でチケットを取り出し刻印しようとしていると、女の人が「待って~~」と叫びながら走ってきました。その人は「私のをあげる」と使用済みのをくれたのです。「ありがとうございます」とお礼を言って、メトロにのりました。

その日の帰りぎわに私がメトロを降りると、ひとりの男性が一生懸命チケットを探しています。「私のを使ってください。まだ大丈夫ですから」と男性に渡しました。その人は何度も「なんて親切なんだ。ありがとう」と繰り返してお礼を言ってくれます。「今日の朝、私もいただいたんです。それがうれしかったから」と答えました。このような触れ合いがたくさんあります。いつも見ず知らずの人の優しさにはげまされています。

私の机の前には「とびっきりの笑顔」を貼ってあります。2月8日の読売新聞に掲載された宮本順三さんの追悼記事のコピーです。グリコのおまけを作り続けていた人です。笑えないときもあります。でも順三さんの屈託のない笑顔を毎日眺めながら、自分の「しかめっ面」を反省するわけです。

最後に写真の説明です。これは年に数度レンヌに巡回してくる回転木馬です。クリックすると写真が大きくなりますので、じっくり観察してください。普通は馬なのに、これは全く違います。しかもすべての動物やオブジェが動くのです。わたしのお気に入りは、タツノオトシゴです。とってもよくできているので、いつも前を通る度、見とれてしまいます。今度はいつやってくるのか、楽しみです。

|

« テロの脅威とバスク弾圧 | トップページ | ブルターニュ関連書籍 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/303921

この記事へのトラックバック一覧です: いつも笑顔で・・・:

« テロの脅威とバスク弾圧 | トップページ | ブルターニュ関連書籍 その1 »