« いつも笑顔で・・・ | トップページ | ブルターニュ関連書籍 その2 »

2004.03.18

ブルターニュ関連書籍 その1

今すぐブルターニュのことを知りたいという人のために、よりすぐりの本を紹介します。

4022595655
ブルターニュへの旅―フランス文化の基層を求めて 田辺 保 著 
 朝日選書  1992 

とにかく一冊と言われたら、迷わず推薦するのがこの本。読みおわったら、きっとブルターニュが好きになるはずです。ブルターニュについての基本は網羅されています。

  注意
本のなかで一箇所だけ誤りがあります。64ページのボンシャン像をつくったのは、「画家ダヴィッド・ダンジェの父」と書かれていますが、ダヴィッド・ダンジェは、パリのパンテノン正面のペディメント浮彫もつくった19世紀フランスを代表する彫刻家のひとりです。また、「ボンシャン侯爵像」をつくったのは、父親ではなく、ダヴィッド・ダンジェです。何度もこの像を見るために足を運んでいますが、まさに傑作だと思います。

4022597593
フランス 巡礼の旅 田辺 保 著 
 朝日選書  2000 

ブルターニュの巡礼についての記述とモン・サン・ミッシェルが紹介されています。世界遺産モン・サン・ミッシェルは正確にはノルマンディにあるのですが、パリからレンヌ経由で観光するのが一般的です。田辺保さんは、モン・サン・ミッシェルのガイドが「自分よりフランスのことをよく知っている」と舌をまくほどなのですよ。


4791756282
ケルトの森・ブロセリアンド  田辺 保 著 
 青土社  1998 

アーサー王伝説の残る不思議の森です。今では観光地化して、少々趣きに欠けるのですが、アーサー王のファンなら是非一度お越しください。レンヌから車で30分ほど行くとブロセリアンドの森に着きます。森の中心まではレンヌからバスがでていて、簡単に行けるのですが、それからが、交通手段はありません。私は現地で自転車をレンタルしたことがあるのですが、見どころはずいぶん離れているので、自転車ですべて周ろうとすると最低1週間はかかります。また看板も壊れていたりして、専門家と一緒に行かないと道に迷います。日本人でこの森を道案内できるほど熟知している物好きは、私ぐらいでしょうが・・・

今日は田辺保さんの作品を紹介させていただきました。現在新たにブルターニュの本を執筆されているそうです。とても楽しみです。次回は饗庭孝男さんの著書を紹介したいと思います。

|

« いつも笑顔で・・・ | トップページ | ブルターニュ関連書籍 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/319248

この記事へのトラックバック一覧です: ブルターニュ関連書籍 その1:

« いつも笑顔で・・・ | トップページ | ブルターニュ関連書籍 その2 »