« デザイン変更 | トップページ | 消えてしまった・・・ »

2004.03.24

花の絨毯

nantes.jpg青々とした芝生の上に無数の花びらが舞い落ちています。見上げるような木蓮の巨木です。写真をクリックすれば大きくなります。ここはNantes(ナント)駅前にある植物園です。しだれ桜や真っ白な辛夷のような花も満開でした。ナントにはブルターニュ公のお城があるのですが、今はロワール・アトランティック地方に編入されています。以前名前を紹介したアンヌ・ドゥ・ブルターニュ(1477-1514)が生まれたところです。

RennesレンヌからRedonルドンで列車を乗り換え、約1時間半で着きます。直行もあるのですが、回数が少ないのです。土曜日に日帰りで行ったのですが、乗り換え時にちょっとしたハプニングがありました。列車の座席にミニ辞書を置き忘れたのです。幸いその列車はルドンが終着でしたから、ナントについてすぐ駅員に連絡をとってもらいました。まだ見つかってないということでした。運転手をしている友達がいるので、もしあったら、その人に渡してくれるよう頼んだのです。

Souvenir Vendéen(ヴァンデの歴史を語り継ぐ会)の人が駅まで向かえに来てくれていました。みんなで昼食を食べ、教会でのミサ、その後講演を聞きました。さて帰ろうとすると帰りのチケットがないのです。荷物はちいさなバックだけ。途中「何時に帰るの」と聞かれた時に確認したのですが、確かにその時はあったのです。こんなことははじめてでした。ちょっと肩を落として、駅までいく途中で、植物園を通ったのです。美しい花が咲き乱れています。まさに春爛漫。憂鬱な気分も吹き飛んでしまいました。

帰りもまたルドンで乗り換えでした。時間が10分あったので、あわてて窓口まで行き、忘れ物がみつかったかどうか、聞きました。にっこり笑った男性は「確か机の上で見たけれど、今はないぞ」と言います。「もう出発しちゃう。早く~~」と喜びを隠せない私。「まだ5分あるから大丈夫だよ。おまえ見たか」と同僚に尋ねます。「これか」。「それそれ。ありがとう。親切は忘れないから」と急いで列車に乗りました。

帰ってから運転手をしている友達に電話しました。「今度ルドンに行ったら、みんなにありがとうって言ってね」と伝えました。マドリッドのテロ以降、列車内の荷物置き場は閉鎖されているし、不審なものが残されていないか厳重にチェックしているのだそうです。もう10年くらい前ですが、飛行機に乗る時にカメラのフィルムを出して見せるように言われたことがあります。カメラの中にプラスティク爆弾を仕組むことがあるからという説明でした。そんなふうに爆弾を使うのかと驚いたのでよく覚えています。

旅行シーズンにはスーツケースや大型のバックを持った人でいっぱいになるのに荷物置き場がないと大変です。「そうなると、スーツケースの上に座るしかない」と友達に言われ、「それは気がつかなかった」と笑ったのですが、本当は笑い事ではありません。何も起こらないよう祈るしかありません。

|

« デザイン変更 | トップページ | 消えてしまった・・・ »

コメント

わー、懐かしい、ナントの植物園!
かも、やぎ、ジュール・ヴェルヌの像もあったりして、すごいにぎわってますよね。美術館口の門の界隈はすごく静かで好きでした。


投稿: breizhdaviken | 2004.03.24 21:15

こんにちは。

ナントはレンヌより都会なので、たまに行くとうれしいです。実はまた金曜に行くことに・・・今度は何かいいことがありますように。

投稿: 市絛 三紗 | 2004.03.25 02:20

コメントいただきありがとうございました。guonbはフランスの田舎に憧れてます。フランス人の考え方ややることは面白くて大好きです。なかなか言葉はうまくなれませんけど。
ブルターニュってブリテンと関係あるんでしょうか??昔バスでドーバーを越えたときに通ってるかもしれません。
ケルト人は見たことないんですが、アングロサクソンよりはちっちゃいのかななんて、勝手な想像しながら読ませて頂いております。
以後よろしくお願いします。

投稿: guonb | 2004.03.25 12:43

ややこしいのですが「ケルト」というのは人種や民族を指す言葉ではなく、インド・ヨーロッパ語族に属する言葉を話す人々の総称なんです。ですから「ケルト」を自分たちの祖先のうちのひとつに数える国はヨーロッパ22カ国にまたがっています。

ですから、体格もさまざまなんですよ。それに、もう2000年以上たっているし、混血してるので、きわだった特徴はないんです。ブルターニュは英語ではブリタニーと呼ばれています。詳しくはまた本文で・・・ 予告ばかりで中身が遅れているのですが、ご容赦を・・・

投稿: 市絛 三紗 | 2004.03.30 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/346820

この記事へのトラックバック一覧です: 花の絨毯:

« デザイン変更 | トップページ | 消えてしまった・・・ »