« ココログはすごい!! | トップページ | BLOGで儲ける方法 »

2004.04.08

ブルターニュ関連書籍 その3

今すぐブルターニュのことを知りたいという人のために、よりすぐりの本を紹介します。

十二の恋の物語―マリー・ド・フランスのレー 月村辰雄 訳
 岩波文庫  1988 

フランス文学にはじめて登場する女性作家マリー・ド・フランス。これは12世紀の作品です。内容はブルターニュで伝承されていたものをフランス語の韻文に書き改めたもの。「ギジュマール」や「ランヴァル」はケルト妖精伝説であると考えられています。いずれの詩も恋愛が主題となっています。

トリスタン・イズー物語 べディエ編 佐藤輝夫 訳
 岩波文庫  1988 

同じく12世紀の作品。媚薬によって恋におちてしまったトリスタンとイズー。イズーは伯父マルク王の妃なのです。かなわぬ恋はいったいどんな結末を迎えるのでしょう。いろいろな流布本によってストーリーは異なっていますが、ずっと愛されてきた物語です。

ケルト神話と中世騎士物語―「他界」への旅と冒険 田中仁彦 著
 中公新書  1995 

死者の海に沈んでしまった幻のイスの国伝説やアーサー王伝説と他界への旅。ケルト社会とキリスト教の関係もわかりやすく説明されています。これまでにも、ブルターニュの伝説を日本語に翻訳した本は出版されているのですが、今では絶版となっていますので、貴重です。

  注意
この本では「ケルト人」という名称を、強大な力を持っていた騎馬民族であると説明しています。同様の説明が他の専門書にもみうけられます。ややこしいのですが「ケルト」というのは本来人種や民族を指すのではなく、インド・ヨーロッパ語族に属するケルトの言葉を話す人々の総称なのです。ですから「ケルト」を自分たちの祖先のうちのひとつに数える国はヨーロッパ22カ国にまたがっています。

ブルターニュの日本語のガイドブックは、私は見たことがありません。情報があればお知らせください。次回は井村君江さんの著書の紹介です。たくさん魅力ある作品がありすぎて、選択するのに迷っています。

|

« ココログはすごい!! | トップページ | BLOGで儲ける方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/410217

この記事へのトラックバック一覧です: ブルターニュ関連書籍 その3:

« ココログはすごい!! | トップページ | BLOGで儲ける方法 »