« フランスの豪華写本 はじめて一般公開 | トップページ | セシルの誕生日 »

2004.04.16

ベリー公のいとも優雅なる時祷書をめぐる一考察

  外国語を翻訳するというのは、大変な仕事である。Les Très Riches Heures du Duc de Berryという写本のタイトルを日本語にどう訳せばよいのだろう。このタイトルがどのように日本語訳されているか、調べて書かれているおもしろい記事がある。ラブリー写字室の「ベリー公問題にもの申~す!」である。これによると、日本語訳にたくさんのバリエーションがあることがわかる。
   
   「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」 90件
   「ベリー侯のいとも豪華なる時祷書」  1件
   「ベリー公のいとも豪華な時祷書」    9件
   「ベリー侯のいとも豪華な時祷書」    3件
   「ベリー侯の豪華時祷書」         6件

  まず、爵位が異なっている。広辞苑第4版によると、「爵」というのは「明治憲法下で、勅旨によって授与された栄典の一。華族・朝鮮貴族の世襲的階級で、公・侯・伯・子・男の五等」と記されている。Le petit Robert辞書をみると、フランスではprince, duc, marquis, comte, vicomte, baron(1817年8月25日付けの条例)である。le princeは大公と訳されることが多いようだ。le Ducはle Duché公国の君主を指す。従ってle Duc de Berryはベリー公が正しいだろう。

  次いでRicheという言葉だが、ロワイヤル仏和中辞典には「金持ちの、裕福な、高価な、豪華な、・・・に富んだ、・・・の豊富な、豊かな」という意味が並んでいる。ようするに素晴らしい内容だといいたいわけだ。あとは、日本語のニュアンスの問題だ。私は饗庭孝男さんの訳語を使用させていただきベリー公のいとも優雅なる時祷書と書いた。この語が、一番この写本のあでやかさを表していると感じたからだ。だが、これだけ日本語訳が異なっていると、実際に文献を検索する際、重要な情報を見落とす可能性もあるのでやっかいだ。ためしにAmazonで「ベリー公」と検索してみるとベリー公のいとも美しき時祷書というタイトルになっていた。まだまだ違う日本語訳があるのかもしれない。

  前述のラブリー写字室内にあるヨーロッパ彩色写本図鑑には97冊の写本が紹介されている。またベネットさんが創作した日本語による彩飾写本「書猟の季節」は奇想天外なストーリーで挿絵も美しい。

  追加情報あり。さらに日本語訳が異なる本が存在する。
  

|

« フランスの豪華写本 はじめて一般公開 | トップページ | セシルの誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/449677

この記事へのトラックバック一覧です: ベリー公のいとも優雅なる時祷書をめぐる一考察:

» 「世界名画の謎」ロバート・カミング著 ゆまに書房 [叡智の禁書図書館]
作家編と作品編でそれぞれ別の本になっています。基本的に、同じような作りなんで一緒にここで感想を。 まずは作家編から。ダ・ヴィンチ・コードで出てきた「岩窟の... [続きを読む]

受信: 2005.02.04 22:50

« フランスの豪華写本 はじめて一般公開 | トップページ | セシルの誕生日 »