« 米兵によるイラク人虐待写真 | トップページ | ドイツ館・戦争俘虜がもたらした堅い交流の絆 »

2004.05.08

ブルターニュの城 その1 Château deFougères フジェール城

Fougeres


  ブルターニュを守るためLe Château Fort要塞として築かれたChâteau deFougères フジェール城内を散策していると、甲冑に身を固め戦っている騎士たちの幻が見えそうな気がする。建築が開始されたのは1020年だが、1166年にはイギリス王ヘンリーⅡ世によって火を放たれ被害を受けた。
Fougeres5

  その後も15世紀まで繰り返し戦いの舞台となり、その度に改築が行われ、現在の規模になった。城の入口付近は12世紀のものである。城内の写真で柱だけ残っているところが、かつて城主の部屋があった場所である。厚い城壁と敵を見張るために使用されていた塔が、この城で繰り広げられた幾多の戦いの証人である。

  堀に守られ野犬が近づくことが出来ないので、今では城の外壁にたくさんのウサギが住みついていて、観光客の視線をくぎ付けにしている。

 
    観光情報

  Château :Place Pierre Symon 35300 Fougères
  Tél.: 02.99.94.88.67   Fax : 02.99.94.88.08
  Le château est ouvert tous les jours :休日なし(1月は休み)
    - En saison de 9 h à 19 h
    - Hors saison de 9 h 30 à 12 h et de 14 h à 18 h
    
  フジェール観光案内所


|

« 米兵によるイラク人虐待写真 | トップページ | ドイツ館・戦争俘虜がもたらした堅い交流の絆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/557090

この記事へのトラックバック一覧です: ブルターニュの城 その1 Château deFougères フジェール城:

« 米兵によるイラク人虐待写真 | トップページ | ドイツ館・戦争俘虜がもたらした堅い交流の絆 »