« コンブルーの風景 | トップページ | モン・ブランに別れを告げて »

2004.08.27

ミルティーユを求めて山奥に

a_la_montagne.jpg    水曜日、険しい山(私にとっては)を駆け巡った。道なき道をセシルが杖で切りひらきどんどん進んでいくのに、私は息をきらしつつついて行った。登ったのは標高400メートルくらいなのだが、時として傾斜が35度くらいあって、獣道もないところなのだ。セシルは70歳なのに、山にはいると生き生きしている。身体がすっかり山になじんでいるのだ。ただ山歩きをするのが目的ではなく、FanboiseフランボワースとMyrtileミルティーユを探しに行ったのだ。

  それだけ登ったのに、もう他の人が来た後だったのか、ミルティーユの実はほとんど残っていなかった。フランボワーズはいくらかあったが、とげがあるので、あんまり早くは集められなかった。それでもつまみ食いをしつつ、2人で1キロ以上集め、帰ってすぐに、ジュースとジャムにした。

  くたくたになって、もう駄目と思ったのだが、木曜日、セシルの家族から電話があって、もう一度ミルティーユを取りにいくことになった。今度は車で1400メートルまで登って、それからさらに、山道(今度はちゃんとした獣道)を300メートルくらい登り、別の場所へ。そこには、昨日よりずっとたくさんのミルティーユがあって昨日よりも簡単に多くの収穫(約4キロ)をあげることができた。これまでも、フランボワーズを買って食べたことはあるが、これからは、タルトやジャムを食べる度にこの贅沢な体験を思い出すだろう。

     追記

   地図をみながら、よく考えてみたら、思ったよりも高いところまで登っていた。山小屋がある場所はたぶん標高950メートルくらいで、2日とも最低1800メートルくらいまで行っているのだ。1日目は行き帰りとも徒歩だったのだから、疲れてあたりまえ?

   Myrtileミルティーユは辞書には、「スノキの実」と訳されているが、みかけはブルーベリーとよく似ていて、タルトにして食べることが多い。私たちは、生のミルティーユにクリームと砂糖をかけて、少しつぶすようにかきまぜて食べた。やみつきになるおいしさだった。木はひざくらいの高さである。

|

« コンブルーの風景 | トップページ | モン・ブランに別れを告げて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/1289901

この記事へのトラックバック一覧です: ミルティーユを求めて山奥に:

« コンブルーの風景 | トップページ | モン・ブランに別れを告げて »