« いつもの小道 | トップページ | 自然の脅威 »

2005.01.08

農耕馬

cheval  日本ではあまり見かけない農耕馬。まだブルターニュにはたくさんいます。この日はちょうど蹄鉄を取り替えようとしているところでした。Beaux-Artsの美術史の先生と話していて、彼女が自宅に馬を飼っていること、そして週末にはその馬と一緒に畑仕事をするということを聞き、驚いたことがあります。羊や牛もたくさんいますよ。

|

« いつもの小道 | トップページ | 自然の脅威 »

コメント

今でも農耕馬が現役なんですね。
耕運機とか使った方がコスト的にもよさそうなのですが・・・。
耕運機が入れないとか、環境対策とか、堆肥を作るためとか、
何か理由があるのでしょうか?

投稿: 公爵 | 2005.01.08 03:24

こんばんは

もちろんトラクターはみんな使っています。馬を飼う一番の理由は「好きだからだ」と思います。この先生は毎年農耕馬のレースに出るのが楽しみと言っていました。

日本の新聞にも「売ります」というコーナーがありますよね。こちらの地方紙を見ていると「可愛くおとなしい雌ロバ、4歳売ります」なんて広告がでてますよ。

投稿: 市絛 三紗 | 2005.01.08 03:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/2505472

この記事へのトラックバック一覧です: 農耕馬:

« いつもの小道 | トップページ | 自然の脅威 »