« フランの硬貨はもう交換不可 | トップページ | 傾いてますよ! »

2005.02.19

オマール海老

marche  マルシェの魚売り場はみたことのないような魚がいっぱい並んでいる。オマール海老や蟹、ホタテなどは生で手にはいる。へんな構図なのだが、一番迫力があったので、この写真を選んだ。

  このあいだ見たオマールはからだの部分だけで50センチ、大きなツメも含めると80センチくらいもあった。これは特別おおきくて、たいてい体長30センチくらいだろう。おいしそうなのだが、いつもながめているだけでまだ買ったことはない。

  ここでちょっと耳寄りなお話。日本国内にいてもブルターニュのオマール海老を、生きたままで自宅に届けてくれるのだ。詳しくは活きたままお届けします! 活オマール フランスブルターニュ産 約650gからどうぞ。

   ブルターニュのオマール・ブルーも参照を。

|

« フランの硬貨はもう交換不可 | トップページ | 傾いてますよ! »

コメント

この巨大なオマール海老、高いのでしょうか?
日本の感覚からするとおいくらぐらいになるのでしょうか?

投稿: 公爵 | 2005.02.20 00:20

こんにちは。

1キロあたり40ユーロでした。約5400円。でもオマールの重さがわかりません。蟹が1キロあたり4~7ユーロですから、オマールは値段がはります。

いちおうゴムでまかれていますが、はさまれたら大怪我しそうでしょ。

投稿: 市絛 三紗 | 2005.02.20 00:51

どうもありがとうございます。
このはさみ、挟まれたら指がちぎれそうですね・・・。

投稿: 公爵 | 2005.02.20 01:42

むしゃむしゃ食べたいですね。こりゃ、すごい。
金額とか考えると日本における伊勢エビみたいなものかなぁ。

投稿: Hiroky | 2005.02.20 11:43

この頭もツメも途中で切れちゃってるひどい写真をのせるのはどうか、迷ったんですが、荒海を生き抜いてきたこのオマールと目があったものですから・・・

投稿: 市絛 三紗 | 2005.02.20 15:30

つい最近アクセスできて、幾つかの記事を楽しく読ませて頂きました。以前、USAのメーン州の田舎に行ったときに、現地の友人宅に泊めてもらいましたが、30,40 cmくらいのサイズのものをスチームして食べさせてくれました。熱々をバターソースで食べるというシンプルクッキングですが、とても美味しかった・・・。ただ量が半端でなく、次から次へと食べさせられ、その夜はギブアップしました。残り物で作った料理ですが、翌日の昼にはクラムチャウダーならぬ、オマールチャウダーを作ってくれましたが、こちらも美味しかったと記憶しています。

投稿: カワチ | 2005.04.12 09:21

贅沢なお話ですね。フランスの一般家庭ではどんな味付けなのか、機会があったら聞いてみます。

投稿: 市絛 三紗 | 2005.04.12 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フランの硬貨はもう交換不可 | トップページ | 傾いてますよ! »