« この本をゆずってください | トップページ | パリ・カフェの歴史 その1 »

2005.02.23

フローラル・デザインスクール開校

Bouquet

      英国式フラワーアレンジメントの免許もとれるフローラル・デザインスクール「ル・フレール」が4月に開校します。実は私も数年間習ったことがあって、ブライダルブーケをつくることもできます。

      でも、どんなに基礎がわかっていたとしても、アレンジは色あわせのセンスがよくないとせっかくのデザインも生かせません。インストラクターの兎耳山 紀子(とみやま のりこ)さんはカラーコーディネーターとしても活躍されていました。そして、ロンドンで本場のアレンジをみっちり勉強して日本に帰国、「ル・フレール」を開校することになりました。

  Hogarth_Shape
      彼女のアレンジはいつ見てもとても素敵です。習っていたことがあるのでその完成度の高さがよくわかります。上のラウンド・ブーケ、円形にするだけだから簡単そうに見えますが、いざ自分でやってみるととてもむずかしいのです。同じ素材を用いて、全く異なる幾通りものアレンジを次々と見せてくれる技術力の高さにも感心しています。

      免許は必要ないから、お花を楽しみたいという方は、レギュラーコースを選べば、入会金や年会費も必要ありません。教室は芦屋と梅田の2ヶ所、開校に先立って体験レッスンも行う予定だそうです。くわしい情報は下のホームページからどうぞ。

ル・フレールのホームページ

|

« この本をゆずってください | トップページ | パリ・カフェの歴史 その1 »

コメント

三紗さん、TBありがとうございます。
また、貴重なお時間をさいてこんなに素敵にスクールの紹介をしていただいて、本当にありがとうございます。
楽しいお教室作りを心がけたいとう気持ちが、ますます強まってきました。
これからも、フランスから温かく見守っていてください。よろしくお願いします。

投稿: のり | 2005.02.23 10:08

のりさん。こんにちは。

やり方は知っていますが、ずいぶんアレンジから離れているので、ネット上で楽しませてもらっています。スクールの成功をお祈りしています。

投稿: 市絛 三紗 | 2005.02.23 15:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/3042371

この記事へのトラックバック一覧です: フローラル・デザインスクール開校:

» スクールを紹介していただきました [Le Flair (ル・フレール)]
私のプライベートブログ“Flower Experience”を通して知り合ったお友達でレンヌ(ブルターニュ地方:そば粉のクレープ、ガレットによく合うシードルで有... [続きを読む]

受信: 2005.02.23 10:41

« この本をゆずってください | トップページ | パリ・カフェの歴史 その1 »