« パリ・カフェの歴史 その2 | トップページ | パリ・カフェの歴史 その3 »

2005.02.26

ブログでスパイウエア配布してしまう?

  とても気になる記事を見つけた。24日付けのCNET JAPANのニュースでブログがやばい--スパイウェアの配布に悪用される脆弱性ありというタイトルである。影響するのは、MicrosoftのInternet Explorer(IE)ユーザーがセキュリティ設定を最高にしていない場合だけらしい。特にGoogleのBloggerサイトに脆弱性があるもようだ。

セキュリティ専門家によると、悪意を持つプログラマーがJavaScriptやActiveXを使って、脆弱なウェブブラウザでサイトにアクセスしてきたユーザーのPCに、ブログから自動的にスパイウェアを送りつけることが可能だという。

  無償で配布されている音楽再生などのJavaScriptにスパイウェアツールがこっそりひそんでいることがあるらしいので、注意しよう!

悪質なコードを配布している犯人のひとつは、iWebtunesというサービスで、このサービスを使えばJavaScriptのコードを数行追加するだけで自分のウェブサイトに音楽を追加できるという。Blogspotを利用しているブロガーはiWebtunesのコードを自分のテンプレートに埋め込むだけで、アクセスしてきたユーザーのPCに知らないうちにスパイウェアを送りつけている可能性がある。

|

« パリ・カフェの歴史 その2 | トップページ | パリ・カフェの歴史 その3 »

コメント

ちょっと前になりますが、同様の事はココログにも影響あると僕の読んだ記事には書いてありました。
「怪しい広告は無視」、「不必要なソフトはダウンロード、インストールしない」くらいしか、対策はないですかね。

投稿: ひで | 2005.02.28 01:45

ひでさん。こんにちは。

ココログもですか! 怖いなあ・・・ なんにもオプションはつけないようにしたほうがいいみたいですね。

私みたいによく知らない人間が自分でカスタマイズしようとしても、ろくなことにならないだろうし。Internet Explorerは使ってないから、ちょっとだけ安心なのかな?

投稿: 市絛 三紗 | 2005.02.28 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パリ・カフェの歴史 その2 | トップページ | パリ・カフェの歴史 その3 »