« 海外で暮らすには | トップページ | 花盛り »

2005.04.10

Hermineとともに

hermine   ブルターニュを歩くと至るところで Hermineエルミンに出会います。私がつくったホームページの名前もSalon h'Hermineです。ホームページを作ったときにFabiconファビコンもあわせてつくったのですが、気がついてましたか?

  hermineファビコンというのは、今見ていただいているページのURLの前にある小さな印のこと(http:の横)。右にあるのと同じですがもっと小さいです。もしこのページをお気に入りに登録してくれているなら、そのリンクにも表示されているはずです。形が可愛いからHermineにしたのではありません。

  Hermineは真っ白な動物なんですが、日本にもいます。クイズにしてもわからないでしょうから答えを言ってしまいますが、オコジョなんです。それがどうして、ブルターニュのあちこちにあるのでしょうか? Hermineはブルターニュ公国の象徴として用いられてきました。ここでバリエーションのいくつかが見られます。

  ページの左上にはブルターニュの旗がひらひらしていますが、ここにも同じHermineが並んでいます。写真は公園の入り口なのですが、中央に写っているのも同様です。ブルトン人なら、このHermineを見ただけでブルターニュの澄んだ海や緑の大地を思いうかべるでしょう。

3
  みんなHermineが大好きなので、クッキーやビールにだってこのモチーフが付いています。自転車に乗る時はこれですよ! オコジョは真っ白なのに、なぜ黒くなっているかというと、これは黒い尻尾を示しているからです。歴史的な話はまた別の機会にしましょう。

  Hermineエルミンのぬいぐるみと切手  歴代の王のマントもエルミンの毛皮が使われています。
  おこじょ倶楽部2001 どんな動物か知りたければ見てください。

|

« 海外で暮らすには | トップページ | 花盛り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/3636807

この記事へのトラックバック一覧です: Hermineとともに:

« 海外で暮らすには | トップページ | 花盛り »