« 音楽パレード | トップページ | ブルターニュの石物語 »

2005.04.27

レンヌの盛り場

soif    この写真を見てどう思うでしょうか。うらぶれた裏道、あるいは薄暗くてさびれた商店街といった印象でしょうか。

  ここが「レンヌで最もにぎやかな歓楽街で、朝までおおぜいの若者たちでにぎわっているところ」と言ったら信じられるでしょうか。昼間は人通りが絶えますが、バーが集まっているので夜10時ころから人が集まりはじめます。

  Rue Saint-Michel サン・ミッシェル通り、別名Rue de soif 飲んだくれ通りと呼びます。ここでは16,17世紀の古い木組みの建物も残っています。毎晩大声で叫んだり、街路樹によじのぼったりする酔っ払いが出没するところです。

  だからといって、とても危険かというとそうでもありません。100メートルに満たない短い通りなので、普通に歩いているだけならすぐに横切ってしまいます。

  すぐ横のサン・タンヌ広場にはメトロ(地下鉄)の駅があるのですが、ここにある回転木馬が昨年12月に暴走しすぎた若者に襲撃されました。その時の詳しい様子はメルマガに連載しています。

  banner_03 にほんブログ村 旅行ブログへ
 ランキングに参加中

|

« 音楽パレード | トップページ | ブルターニュの石物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/3816594

この記事へのトラックバック一覧です: レンヌの盛り場:

« 音楽パレード | トップページ | ブルターニュの石物語 »