« ロンドンの爆破テロについて | トップページ | 「悪魔のフォーク」知っていますか »

2005.07.10

ヨーロッパの怪奇

  最近Rennesレンヌを、Renne-le-Chateauレンヌ・ル・シャトーと間違って検索してくる人がいる。いちいちレンヌ・ル・シャトーと記述せずに省略してレンヌと書かれているからだろうが、ここは南仏ではなく、ブルターニュ、フランスの北西部にあるということを、再確認してほしい。

  レンヌ・ル・シャトーが注目されているのは、ダビンチ・コードの影響だろう。関心が深まったらヨーロッパ・ホラー紀行ガイドなど読んでみたらどうだろう。作者は荒俣宏さん。ずっと前に読んで最近読み返してみたらとてもおもしろかった。「ヨーロッパの怪奇(グロテスク)の起源」をめぐるというのが趣旨だ。5ヶ所行ったことがある場所があった。ブルターニュのカルナックも載っている。

  そのあと調子にのって、この本にも少し記述のある澁澤龍彦の本を棚から引っ張り出し、黒魔術の手帖毒薬の手帖などに読みふけってしまった。

  フランス政府観光局の地方のみどころ・ブルターニュをリンクしておくのでどうぞ。

  

|

« ロンドンの爆破テロについて | トップページ | 「悪魔のフォーク」知っていますか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/4912128

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパの怪奇:

« ロンドンの爆破テロについて | トップページ | 「悪魔のフォーク」知っていますか »