« ケルト組み紐模様のペンダント | トップページ | 写真でみるレンヌ »

2005.07.01

彫刻のある風景1

sta

  街を散歩していてたまたま見つけた浮き彫りである。大きさは4メートルくらいだろうか。作者はYvonne Jean-Haffen (1895 - 1993)だ。パリ生まれだが、Mathurin Méheutを師と仰ぎブルターニュに移住し、ブルターニュの心を表現することに専心した。

  この作品があるのは、Rue de Thaborタボール通り。地質学に関連する浮き彫りである。ブルターニュの海や巨石など自然の風景も刻まれている。ここには地質学研究所があったらしいが、現在は大学の寮になっている。



|

« ケルト組み紐模様のペンダント | トップページ | 写真でみるレンヌ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/4782373

この記事へのトラックバック一覧です: 彫刻のある風景1:

« ケルト組み紐模様のペンダント | トップページ | 写真でみるレンヌ »