« 海辺の貝 | トップページ | レンヌのイタリア風建造物 »

2005.07.31

フランスは半世紀ぶりの深刻な水不足

050729secheresse_arrete05
  7月後半のブルターニュは曇りがちで時々雨も降っていた。それでも大地はいつもより乾燥している。まだレンヌは水道の使用制限はないのだが、フランス西部は半世紀ぶりの深刻な水不足に陥りつつある。

  フランスには100の県(国内96、海外4)があるのだが、そのうち60県ですでに何らかの取水制限が行われている。(左上の地図で赤くなっているところ)。この情報は環境庁のホームページにのっている。例えば、Vendéeヴァンデ県(地図の85)では個人のプール使用禁止、車や船の洗車禁止、海水浴場のシャワー禁止、競技場の芝の水やり禁止、さらに農業用水の使用制限もはじまっている。

  これからまだ夏は続く。さらに暑くなっても子供たちにプールで水遊びをすることを禁止しなければならないとしたら悲しいし、海で泳いでもシャワーなしというのも辛い。サッカーやテニスのコートも芝が枯れ、せっかく丹精こめて育てた草花に水をやるのもままならなくなるかもしれない。
 
  これからは雨水の有効利用をさらにすすめてゆく必要があるだろう。ちょうど日本で8月1日から7日まで雨水東京国際会議が開催される。注目してほしい。

  ところでルーマニアでは大変な洪水なのだ。ルーマニアへ行こう!のここに被害の様子が書かれている。地球のバランスが狂っているようだ。これも温暖化の影響があるのだろうか?

            追加情報 2005.08.16

  1)環境庁のホームページのリンクが間違っていたので、訂正した。

    2)7月末時点で60県だった乾燥地域が69県まで増加してきた。乾燥しているフランス南西部では山火事も起きている。アーサー王伝説の残るパンポンの森西部で8月9日山火事がおき、120ヘクタールが焼けた。それでもブルターニュは8月になって涼しく最高気温25度くらいだ。朝夕はセーターがいる。

|

« 海辺の貝 | トップページ | レンヌのイタリア風建造物 »

コメント

コメント・TBありがとうございました。ルーマニアの洪水は深刻な問題なのですが、それは一部であって 他の地域は 40度近く、死者が出るほど熱いです;;;冬が寒い国といっていたのに、夏も暑くて、ルーマニア暮らしちょっと参ることも;;;参ると言えば、↓フランスはゴキブリがいないのですね!・・・そういえば、私が以前暮らしていたほかの国もいませんでした。・・なのに、ルーマニアにはいるんです;;;泣泣。チャクセスク時代の名残の大きな集合住宅なせいか、自分のうちでどんなに対処しても駄目なようです;;;かなり辛い・・ 
「ゴキブリでるかでないか大きなポイント」と実に感じています。寒くなると一応少なくなるから、早く寒くなって欲しいとも思ったり;;

ルーマニア、素敵なこともあるのですが、厄介なことも多い国なんです;;

投稿: go2rumania | 2005.08.01 21:40

こんにちは。

そんなに暑いのですか。スペインだけじゃないんですね。こちらは、7月半ばにとても暑かったのですが、この数日寒いです。最高気温20度くらい。ぶるぶる~~ どうも変です。

ゴキブリ、暑いところが好きなのだと思います・・・ 私の住まいは1730年くらいに建てられています。何がいてもおかしくないですね。どの国もいい所、悪い所があると思います。

投稿: 市絛 三紗 | 2005.08.01 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/5238966

この記事へのトラックバック一覧です: フランスは半世紀ぶりの深刻な水不足:

« 海辺の貝 | トップページ | レンヌのイタリア風建造物 »