« ボーポール修道院 その2 | トップページ | レオナルド・ダ・ヴィンチの料理手帖 »

2005.08.11

ボーポール修道院 その3

abba7  昔は海から船でやってきて、そこから修道院に入ることも可能だったという。その参道にあたる部分が花畑になっていて、とてもいごこちがよかった。あちこちに木のベンチがあってそこでのんびりと受付で借りた分厚い解説書を読んでいる人たちがいた。

abba8
    私はリンゴの木の下で昼食を食べた。こんなにたくさんのモンシロチョウやモンキチョウを見たのは久しぶりだ。ミツバチも忙しそうに働いていた。


  庭のあちこちに風見鶏やご覧のようなオブジェがあって、海からのさわやかな風が風見鶏を揺らしてゆく。整ったフランス式庭園も美しいが、ここはまるで草原の只中にいるかのような気分になってとてもリラックスできた。abba
それに加えてトイレがとてもきれいだった。(フランスで無料で使用できる清潔なトイレを見つけるのは至難の業なのだ)。

    こちらが ボーポール修道院のホームページ。後で知ったのだが、7月、8月の夜(水曜日、日曜日)Escales de nuitというショーが行われていて、1er Prix européen de la Lumièreヨーロッパでグランプリを取っている。これは見る価値がありそうだ。

|

« ボーポール修道院 その2 | トップページ | レオナルド・ダ・ヴィンチの料理手帖 »

コメント

3、4日前にお話した Saint-Mathieu 岬の燈台と廃墟になった教会の写真は下記のURLで御覧になる事ができます。

私が Saint-Mathieu 岬を訪れたのは1995年の夏ですから、もう10年前の事です。断崖の下には難破船の残骸が放置されていて、錆付いた船体を晒していました。燈台の周囲には第二次世界大戦中にドイツ軍が構築した大砲台がそのまま残っていました。ボーポール修道院の周囲と違って、随分と凄惨な風景でしたね。

Le phare de la Pointe Saint-Mathieu et la Chapelle
http://photos.jemenvol.net/photo-Le-phare-de-la-Pointe-Saint-Mathieu-et-la...-278

投稿: Tristan | 2005.08.12 00:44

Tristanさん。情報ありがとうございます。

戦争のもたらす悲劇は簡単には払拭されないと思います。

少し前から真剣に車を買うことを考えています。そうでないと、時間のロスが多すぎます。そうすればここまで行って今の状況を確かめることもできますから。

投稿: 市絛 三紗 | 2005.08.12 06:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/5408980

この記事へのトラックバック一覧です: ボーポール修道院 その3:

« ボーポール修道院 その2 | トップページ | レオナルド・ダ・ヴィンチの料理手帖 »