« モン・ドル観光 | トップページ | 車の名義変更完了 »

2005.10.23

「国境なき記者団」報道の自由世界ランキング2005を発表

  「国境なき記者団」は10月20日、Classement Mondial de la liberté de la presse 2005 報道の自由世界ランキングを発表した。1位にランキングされたのはデンマーク、フィンランド、アイスランド、アイルランド、ノルウェイ、オランダ、スイスの 7ケ国。それからスロバキア、チェコ共和国、スロベニア、エストニアと東欧諸国が続いている。

  いくつかの民主主義国で昨年よりランキングが大幅にさがっている。昨年の22位から44位にダウンしたのは米国。その理由はCIA工作員の実名漏えい事件に関連したニューヨーク・タイムズ紙のジュディス・ミラー記者の収監である。19位から30位に転落したのはフランスで、一部のメディアに家宅捜索が行われたためだ。

  アジアでは韓国が昨年の48位から34位に。日本も42位から37位にランクアップした。香港は34位から37位にダウンした。一方でベトナム158位、中国159位、北朝鮮は4年連続で最下位の167位だった。

  この結果を先月World Economic Forum世界経済フォーラムが発表した国際競争力ランキングと比べてみると興味深い。これからは北欧および東欧諸国の時代ということだろうか。

  「国境なき記者団」については報道の自由と「国境なき記者団」に書いているので参照のこと。

 

 

|

« モン・ドル観光 | トップページ | 車の名義変更完了 »

コメント

韓国が日本やアメリカより上位だなんて、この「報道の自由世界ランキング」は噴飯物ですね。韓国の言論統制の実態も知らないとは、「国境なき記者団」は無知なジャーナリストの寄合のようですね。

投稿: Tristan | 2005.10.23 16:21

このランキングは外部の14団体と130人のジャーナリストなどに回答を求め集計したものです。

Pour établir ce classement, Reporters sans frontières a demandé à ses organisations partenaires (14 associations de défense de la liberté d’expression dispersées sur les cinq continents), à son réseau de 130 correspondants, à des journalistes, des chercheurs, des juristes ou des militants des droits de l’homme de répondre à 50 questions permettant d’évaluer la situation de la liberté de la presse dans un pays. 167 nations y apparaissent, les autres sont absentes, par manque d’informations.

投稿: 市絛 三紗 | 2005.10.23 20:52

結局、その人員ではまともな「報道の自由世界ランキング」を作成することは無理だということなのですね。

投稿: Tristan | 2005.10.23 22:48

ここでは、おひさしぶりです。
私も韓国よりランクが下というのは、非常に疑問に感じます。協力団体というのが、ある特定の思想に偏っている可能性もありますね。

投稿: たま | 2005.10.24 00:21

Tristanさん。たまさん。コメントありがとうございます。

「国境なき記者団」は日本の記者クラブ制度を非難しているので、日本に対する評価はもともと辛口です。でも過去2002年から昨年までは韓国より日本が上位でした。「今年になってなぜ逆転したか」ということですね。

日本から遠いところにいるので、詳しい日本の動きを知らないことを前置きして、私の個人的な意見をのべさせていただきます。私の意見は少し「報道の自由」からそれるのですが、ランキングの低下は日本のメディア全体に対する不信感のように思います。

一連のNHKの不祥事、NHKと朝日新聞の虚偽報道合戦。その結果NHKは受信料不払いが急増、朝日新聞は購読者が減少。またライブドアと楽天によるメディア買収騒ぎなどで浮き足立つテレビ局各社。もう久米宏さんでもキムタクでも視聴率がかせげない有様。

これらが氷山の一角でないことを望みますが、日本のメディアは視聴者や購読者を満足させる努力をおこたっていないでしょうか。ちょうど今はメディア再編の過渡期にさしかかっていますので、これまで習慣で購読していた人々も、「もう止めた」といい始めています。

これを海外から眺めていると、「いったい日本はどうなっているのか」と思わずにいられません。日本人の私でさえそうなのですから、外国人には「報道機関はまともに機能していない」ととらえられても不思議ではありません。

各国で事情が異なるのでランキングすること自体、無理があるとは思います。この順位が妥当かどうかは別問題です。それでもこの「国境なき記者団」は以前書いたように危険にさらされているジャーナリスト個人の権利を守ろうとしている真面目な団体です。「ランキングのつけかたがおかしい」とお二人の意見を送付することも有意義なことだと思います。ぜひそうしてください。


投稿: 市絛 三紗 | 2005.10.24 04:16

市絛 三紗さん、今日は。

私も「国境なき記者団」が真面目な団体であることを認めるに吝かではありません。さりながら、「国境なき記者団」が真面目な団体であるからと言って、そこに所属するジャーナリストが優秀だとは思いません。ジャーナリストの評価は、真面目かどうかではなく、その仕事の出来や質によって行われます。それ故、私は「報道の自由世界ランキング」を見て、「国境なき記者団」を「無知なジャーナリストの寄合」であると判断したのです。真面目かどうかということは関係ありません。

韓国は2001年に国際新聞編集者協会(IPI)の「言論の自由弾圧監視対象国」リストに掲載された国です。2004年に一応ブラックリストからはずされましたが、韓国の言論統制の実態は依然として変わっていません。そのような国が日本やアメリカより上位にランクされているのは非常に疑問です。これでは、「国境なき記者団」とその協力者・団体がある特定の思想に偏向している思われても仕方がありません。

投稿: Tristan | 2005.10.24 13:51

「国境なき記者団」は韓国に対し「言論法案撤回すべき」とする書簡を送ったことが朝鮮日報2004.11.05に載っています。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/11/05/20041105000059.html

ランキングの順位については論議の余地はありますが「ある特定の思想に偏向しているかどうか」は個人の判断にゆだねたいと考えます。

日本に対する見解はIPIのJapanに述べられています。
http://www.freemedia.at/wpfr/Asia/japan.htm

投稿: 市絛 三紗 | 2005.10.24 17:36

市絛 三紗さん、今晩は。

早速そのチョソンイルボ(朝鮮日報)の記事を読んでみました。

韓国の言論弾圧の現状を知っていながら、あのランキング表ですか。「国境なき記者団」は日本やアメリカが嫌いなので、韓国を日米両国よりも上位にランクしたのではないかと邪推したくなりますね(笑)。まったく不可解です。

ところで、市絛三紗さんは韓国にいらっしゃったことがおありですか。もし、既にいらっしゃたことがおありなら、次は是非とも朝鮮民主主義人民共和国にいらっしゃってみることをおすすめしたいですね。できれば個人旅行で行かれることをおすすめします。団体旅行では見せてもらえない所も見せてもらえる可能性が高いですので。あれほど面白い国はちょっとありません。

投稿: Tristan | 2005.10.24 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/6515993

この記事へのトラックバック一覧です: 「国境なき記者団」報道の自由世界ランキング2005を発表:

« モン・ドル観光 | トップページ | 車の名義変更完了 »