« たそがれ | トップページ | フランスの大雪 すでに2人死亡  »

2005.11.26

季節はずれの雪 決死のドライブ その1

neige

  とても大切な約束があった。200キロ以上離れた場所で朝の10時に待ち合わせだった。まだ暗い朝6時45分に家を出て駐車場へ。外はみぞれだった。ところが思いがけないトラブル続出。

  まずは車のエンジンがかからない。20回以上試してついにエンジンが始動。少し音が変だったけれど時間がないので無理やり出発。だが地下駐車場を出るためにカードを入れようと止まったら、その場で動かなくなってしまった。一度エンジンがかかったのだから大丈夫と思ったのに甘かった。

  その場でひとりで立ち往生すること30分。時間はすでに7時45分。昼間は出口に係員がいるのだが朝早いので無人のまま。保険にはいっているので電話すれば修理工場までは無料で連れて行ってくれるはずだが、修理工場が開くのはたいてい朝9時から。約束の時間に間に合うはずもない。

  もう覚悟をきめて、修理するしかないと思ったときに、何とエンジンがかかった!エンジン音は正常のようだ。 「とりあえず途中まで行って、そのままどこかの修理工場に行ってもいい」と駐車場を出た。数キロ走ると、みぞれがぼたん雪にかわった。雪で全く前が見えない。

  110キロの高速道路を、他の車も50-60キロくらいで走っている。さらに10キロくらい進むとすでに一面の雪景色ではないか。レンヌはみぞれだったのに、家の屋根にもう数センチは雪が積もっている。そのうち道路も真っ白になってきた。チェーンも持っていないし、危険だ・・・ (持っていても自分ではつけられないけれど)。

  雪がやんで明るくなってきたので、ブツブツとひとり事をつぶやきながら、片手で写真まで撮ってしまった。(畑が雪で白くなっている)。間に合わないことはわかっていても、普通は会えない人と苦労してやっとランデブーを取り、今日の日を指折り数えて迎えたのにと思うと、つい120キロくらいまでアクセルを踏み込んでしまう。動かなくなったら、その時は保険会社に電話しよう! 

|

« たそがれ | トップページ | フランスの大雪 すでに2人死亡  »

コメント

こうしてブログを書かれているんだから、ご無事だったのですね。(笑) なによりです。
しかし、雪の中を200kmを不安定なクルマで...って、さぞかし不安でしたでしょうね。

投稿: yasu | 2005.11.27 00:43

「行きはよいよい。帰りが怖い」って名言があるでしょう。まだ続きがありますよ。

なんで車に乗るたびに緊張しないといけないのか・・・ 

投稿: 市絛 三紗 | 2005.11.27 03:20

勇気ありますね、チェーンやスタッドレス履かせないで走るなんて私にはとてもできません。
アイスバーンになると本当に恐いので気をつけて下さいね。新車であっても、気温が下がっちゃうと、エンジンはかかりにくいですよね。かなり余裕を持って出発しないと焦ります。

投稿: たま | 2005.11.28 01:48

ふつうそんなに寒くなることはないはずですが・・・ ヨーロッパはどことも雪だったようですね。来年2月まで寒波がいすわるそうで困りました。

投稿: 市絛 三紗 | 2005.11.28 02:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/7321918

この記事へのトラックバック一覧です: 季節はずれの雪 決死のドライブ その1:

« たそがれ | トップページ | フランスの大雪 すでに2人死亡  »