« 中国の温首相、エアバス大量発注へ | トップページ | 15万人突破、ありがとうございます »

2005.12.07

中国人、ブルターニュで飛行機操縦を習う

    飛行機の話題で思い出したことがあった。数ヶ月前Morlaixモルレーに行ったときのことだ。中国人がたくさん町を歩いていた。観光シーズンは終わっているし、どうしてなのかと思ったのだが、その理由を聞いてびっくり。モルレーで小型飛行機の操縦研修のため中国人パイロットが大挙してやってきているというのだ。

  ホテルの人の話では研修期間は3日~2週間。彼らは全くフランス語など話せないらしいが、英語ならOK。入れ替わり立ち代替わりひっきりなしに来るのだという。 しかも予約もきちんと守られない。急に電話さえなくキャンセルされるかと思えば、いきなりやって来たりする。人数も2人だったり10人だったり、てんでバラバラ。

  モルレーの駅までたどり着いて、どこに行ったらいいのかさえわからず迷子になることさえあるとか。「ホテルの電話番号だけ手にしている中国人がいるから迎えに来て」といきなり駅の職員から電話がはいることもあるらしい。また夜中に大騒ぎをしたりして、ほかのお客さんに迷惑がかかることもある。ホテルにとっては夏以外は空き室がうまってうれしい反面、毎日中国語のやりとりを聞くのはうんざりのようだ。調理ができる民宿では中国食材が持ち込まれ、ラーメンの匂いがあたりにただよっているらしい。

  たしかに中国は広い。飛行機なら短時間で移動できる。でもそんなにたくさんのパイロットがわざわざフランスの、しかもブルターニュまで飛行機の操縦を習いにくる必要があるのだろうか?もしそれだけの需要があるのなら、中国国内に学校をつくればいいのではないか?どうにも考えるほど不思議なのだ。今思いついたのだが、フランス国内のほかの飛行機学校もブルターニュ同様に中国人であふれているのだろうか?

  フランス国内のフランス語学校は今や半数くらいが中国人。この数年で急増している。語学を習得後、ほとんどがフランスの大学の経済学部に進学するのだが、中には登録だけしてせっせとアルバイトをする幽霊学生もいて、これもアフリカ系移民とは異なる意味でやっかいな問題になりつつある。恐るべし中国パワー!

  

|

« 中国の温首相、エアバス大量発注へ | トップページ | 15万人突破、ありがとうございます »

コメント

こんにちは

飛行機学校とは意外でした。中国に学校はないのでしょうかね。謎ですね。

投稿: yuka | 2005.12.08 01:29

yukaさん。こんばんは。

こちらは数十人乗りのようです。山岳部などの観光用なのかと勝手に想像したのですが実際の使用目的はわかりません。

アメリカのように自家用飛行機を持っている人たちもいるのでしょうか?

投稿: 市絛 三紗 | 2005.12.08 03:38

こんばんは。
バルセロナも中国人がものすごく目立つようになりました。以前は中国レストランだったものを日本レストランに替え、中国まがいの日本食を出す、また、100円ショップ、洋服の問屋などはほとんど中国人。そして、今猛烈に値上がりしているアパートをどんどん買い占めています。中国パワー、スペインでも恐るべし!です。

投稿: gyu | 2005.12.08 04:18

gyuさん。こんばんは。

バルセロナもそうなんですね。ブルターニュで不動産を買っているのはイギリス人が多いと聞きますが、中国人も買っているのかもしれません。

おいしくて安い中華料理のお店をだしてくれたらいいのに・・・

投稿: 市絛 三紗 | 2005.12.08 05:20

 こんばんは。日本のサンデーパイロットです。
 中国には飛行学校があり、そこで免許を取る日本人も多いですよ。どうなっているんでしょうね。

投稿: Wind Calm | 2005.12.08 19:15

Wind Calmさん。はじめまして。

乗り物酔いするので小型飛行機に乗ったことはないのですが、一度くらいは乗ってみたいですね。

>そこで免許を取る日本人も多いですよ
中国のほうが日本より費用が安いのですか?パイロットの資格を取るには、2週間では無理でしょう。ですから彼らはすでに中国で飛行経験があると思うのです。(確認したわけではありません)。

それなのに、わざわざフランスに高い運賃を支払って、数日間だけ来る必要があるのかという疑問です。誰かに聞いてもっと詳しくわかればまた書きますね。

投稿: 市絛 三紗 | 2005.12.08 19:49

 いきなり不躾なコメントで失礼しました。少し前から楽しく拝見しておりました。ヨーロッパをドライブ旅行するのが好きで、去年はブルターニュにも行きました。そのご縁で寄せていただいています。
 さて、中国だと日本の半額ぐらいで免許(自家用操縦士)が取れると思います。ただ、それよりも、日本より容易に取れる点が評価されている?ようです。
 それにしても、ブルターニュで何をしてるんでしょうね。パイロットの資格は多種多様なので、何かのレイティング(双発機とか計器飛行とか型式認定とか)を取りに来てるのかもしれませんね。あるいは、本国では自国民は自由に飛べないとかいう可能性もあるかもしれません。
 今後ともよろしくお願い致します。

投稿: Wind Calm | 2005.12.10 21:47

楽しい話題にしたいのですが、レンヌは先日のフランス全土の暴動時よりずっとひどい状態です・・・

投稿: 市絛 三紗 | 2005.12.11 08:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/7511756

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人、ブルターニュで飛行機操縦を習う:

« 中国の温首相、エアバス大量発注へ | トップページ | 15万人突破、ありがとうございます »