« シラク大統領 核兵器使用について言及 | トップページ | ライブドア社長逮捕 フランスの反応  »

2006.01.24

ブルターニュはアルコール、大麻使用No.1

cannabis
  今年は楽しいことだけ書こうと思っていた。でもそういうわけにもいかないようだ。いったん<ゆれるフランス>というメルマガをやめたのに、振り返ってみればメルマガを発行している時とあまり変わらない分量を書いていた。フランス全土に広がった暴動がおさまってからも日本には報道されないだけでレンヌではあらたな事件が起きている。

  いやこれはレンヌだけではない。フランス各地でレンヌと同様の些細なこと(機動隊との衝突、水砲や催涙弾の使用、車の放火)はたびたび起きている。1月21日、土曜日の地方紙Ouest Franceに載っていたカナビス関連記事が気にかかるので書き残すことにした。

  先週木曜日の午後11時30分から金曜日の明け方3時まで一般道路で行われた取り締まりで、車の中から30キロのcannabisカナビス(大麻)樹脂が押収された。これはPloërmel警察の押収レコードを塗り替えた。車には2人の人間が乗っていたのだが、取締りに気づいて徒歩で逃走し捕まっていない。30キロのカナビスの販売価格150000€(約2100万円)になるそうだ。

  大麻には習慣性はないし、日本の場合は第二次大戦後に取り締まられるようになったので、大麻の規制を撤廃してもいいという意見があることも知っている。「大麻とは、何か?」を参照のこと。アルコールにしても適度に飲んでいる限りには何の問題もない。夏に冷えたビールを飲んだり、チーズと一緒にワインを飲むのは人生の喜びのひとつでもある。

  だが、大麻を毎日吸うという人は、ほとんどほかの麻薬にも手を出している。アルコールを飲む量も生半可ではない。その費用を捻出するために通行人に金をせびったり、また万引きや軽犯罪が伴うケースが多すぎるのだ。「すみません。ビールを飲む小銭を下さいませんか」と何度呼び止められたかわからない。そう言う若者たちはすでに相当量を飲んでいることが見た目にもわかるのだから。

  フランスはヨーロッパで最もカナビスの消費が多く、ブルターニュはフランス国内でNo.1というありがたくない結果がある。上に挙げた地図は17歳以下の地域別カナビス使用者数なのだが、これを見れば一目瞭然だ。低年齢化が近年非常に問題となっている。国内には18歳以下で28万人のカナビス常用者がいるという。大人なら制御も可能だろうが13-14歳の思春期の若者たちが常用している現状は日本人の眼から見ると、やはり異常としか思えない。野外でスポーツをしたほうが健康に良いに違いないからだ。

  これまでは「ごく一部の若者だけだ」とか「好奇心が満たされたら自然とやめるようになる」とか楽観視されることが多かった。だが現実にアルコールとカナビスを大量に摂取し、車を運転するものだから、若者の交通事故が急増している。こちらもレコードが塗り替えられている。日本では想像もできないほど、乱用が目立つのである。「ただ何となく、ほかにおもしろいこともないから」カナビスにおぼれる思春期の若者達。貧しくてもキラキラした眼差しを持つアジアやアフリカの子供たちと、どうしてこんなに隔たりが出来てしまったのだろうか。


      参考資料
    
  「大麻とは、何か?」 Perfect TV モンド21 1996年12月放送
    心にはたらく薬たち―精神世界を拡げるために 小林 司 (著) 人文書院 1993
  www.drogues.gouv.fr フランス 麻薬の現状
  Dangers du cannabis : informer le monde scolaire 24 janvier 2006 Le Figaro

30 kilos de cannabis saisis à Ploërmel Ouest France samedi 21 janvier 2006

Le contrôle routier était sur le point de s'achever
Saisie record pour la brigade de Ploërmel.
« C'est une saisie historique ». Les gendarmes de Ploërmel n'en revenaient pas. Ils ont trouvé 30 kg de cannabis dans une voiture, lors d'un contrôle routier. Les occupants du véhicule ont pris la fuite à pied après une course poursuite.

Un vaste contrôle routier était organisé simultanément par les compagnies de gendarmerie de Ploërmel, Redon et Châteaubriant, de 23 h 30 à 3 h du matin, dans la nuit de jeudi à vendredi. Une centaine de gendarmes étaient mobilisés. Après avoir relevé des infractions courantes, défaut de permis, une conduite sous stupéfiant... les gendarmes n'étaient pas loin d'avoir fini leur service.

Mais à 2 h 50, une 406 grise, avec deux hommes à son bord, tente d'éviter le dispositif en marche arrière sur la voie express. La voiture s'engage vers une station service. Les deux hommes finissent leur circuit dans un cul-de-sac en tentant d'échapper aux gendarmes. Ils prennent alors la fuite à pied en courant dans les bois.

Les gendarmes découvrent à l'intérieur de la voiture un sac en jute avec à l'intérieur 30 kilos de résine de cannabis. Valeur estimée : 60 000 € à l'achat et 150 000 € à la vente. Une saisie historique pour la compagnie de Ploërmel. Une recherche est aussitôt lancée. Elle se termine à 6 h 30 du matin. Mais les deux fuyards n'ont pas été retrouvés.

Nathalie JAY.


Le cannabis Ouest France

La Bretagne est l’une des régions où le cannabis est le plus consommé en France. En moyenne, les jeunes Bretons disent avoir fumé leur premier joint à quinze ans. À 18 ans, 68 % des garçons et 62 % des filles en ont déjà consommé. L’usage régulier concerne 16 % des jeunes, surtout des garçons. (source : Escapad 2003)

Cannabis : le savez-vous ?

Consommé sous forme d’herbe (marijuana, ganja, beuh), de résine (haschisch, shit) ou d’huile, il contient une substance psychoactive, le THC (tétrahydrocannabinol) qui se concentre dans le cerveau.
Consommer du cannabis modifie le rythme cardiaque et met en danger les hypertendus et malades cardio-vasculaires.

Le cannabis diminue les capacités de mémoire, de concentration et d’attention chez les jeunes. Quand on fume trop, quand on a bu de l’alcool ou quand on est fatigué ou angoissé, on peut faire un «bad trip », malaise physique ou psychologique. On peut vomir et même perdre connaissance, se sentir très angoissé et avoir des hallucinations.

La consommation de cannabis entraîne des effets pouvant rendre dangereuse la conduite d’un véhicule : mauvais réflexes, difficulté de contrôler une trajectoire, mauvaise coordination des mouvements, temps de réaction allongé. Ils peuvent durer de 2 à 10h.

Posséder du cannabis est un délit puni jusqu’à un an de prison et 3750 euros d’amende.
La conduite ou l’accompagnement d’un apprenti conducteur, après usage de stupéfiants, est interdite. Ce délit coûte six points de permis de conduire, jusqu’à deux ans de prison et 4500 euros d’amende.

Renseignements
www.drogues.gouv.fr
www.filsantejeunes.com

|

« シラク大統領 核兵器使用について言及 | トップページ | ライブドア社長逮捕 フランスの反応  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/8309697

この記事へのトラックバック一覧です: ブルターニュはアルコール、大麻使用No.1:

« シラク大統領 核兵器使用について言及 | トップページ | ライブドア社長逮捕 フランスの反応  »