« 風刺画に対するフランスの論調 | トップページ | ブルターニュの特選新製品 Prix Meilleure Nouveauté en Bretagne 2006 »

2006.02.16

レンヌで学生が大学封鎖 その1 レンヌから全国に広がる封鎖

ly
  この1ヶ月ほど、レンヌは騒がしい。やたらデモがあり市内中心部の道路が通行不能になる。レンヌ近郊の工場閉鎖に反対するものなどもあったが、今主に問題となっているのは、新しい雇用システムl'égalité des chances「機会平等法」の中に含まれるle contrat première embauche(略してCPE)に不満を抱いているからだ。写真は先週火曜日、午前11時30分に市役所前に集結した高校生たち。学校は休みではないはずなので通行人に聞くと「昼休みにやっている」という話だった。

  CPEについてはL'ECUME DES JOURSに詳しいエントリーがある。ここにくり返し書くと長文になるので、Contrat premiere embaucheをご欄いただきたい。CPEに納得できない経営者や就職を目前に控えている大学生が抗議デモを行っていたが、すでに先週法制化されてしまった。

  ところが、レンヌでの混乱はその後もおさまっていない。レンヌ第二大学では先週はじめから大学生が大学の建物の入り口を封鎖し、すべての授業ができなくなっているのに加えて、レンヌ第一大学も封鎖された。それだけではない。火曜日には大学生、労働組合、高校生などがSNCF国鉄のレンヌ駅を占拠し、TGV(高速列車)をはじめとしてローカル電車もとめてしまったのだ。100本の運行が遅れたのだからただ事ではない。

  私はこの日レンヌ郊外へ出かけていて、この騒ぎを知らなかった。その後も忙しかったので詳しい状況を把握していなかった。このビデオをここから見て欲しい。ここまでやると、暴挙というべきであろう。学生たちは権利や自由の意味を誤っていると思う。

  下に関連の新聞記事をいくつかリンクしておく。
  La gare envahie, 100 trains retardés
  Rennes 1 divisée sur le blocage des cours
  Rennes : 7 000 manifestants contre le CPE

  もう少し詳しく述べるつもりだが、明日から週末いつくか会議があってブルターニュ西部へ出かけるので、続きはたぶん来週になると思う。

  その2につづく

|

« 風刺画に対するフランスの論調 | トップページ | ブルターニュの特選新製品 Prix Meilleure Nouveauté en Bretagne 2006 »

コメント

今晩は、私の働いている大学も入り口が封鎖されていました。運良く中に入ることができ学生たちを授業開始の時刻まで待とうと思い中にいましたが、酔っ払った若者もいて、早々に校内をでました。家に帰ると責任者からの伝言で、今日の授業は中止するから来なくても良い、一応月曜日に授業があるかどうかは、秘書に電話して欲しいとのことでした。デモをするのは新しい雇用システムの所為だということは理解できますが、校内でワインをラッパ飲みしたり、ボール投げをして遊んでいる学生たちには、デモをする資格があるのだろうかという怒りの心境と、自暴自棄になっているので寛大な心をもって接しなければいけないのか・・と私の心の中で葛藤が起きています。
 

投稿: Emma.F | 2006.02.17 06:41

こんにちは

ロリアン、キャンペール、ポン・ラベをめぐり帰ってきました。日中はずっと会議でレンヌのことを考えている余裕はありませんでした。友人宅にはテレビもなかったのでこれから情報収集をします。

木曜日の夜、たいへんな騒ぎで眠れなかったのですが、この夜、また催涙ガスが使用されたようです。やはり異常ですよね。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.02.20 19:50

今晩は、今日も授業は開始されませんでした。午後二時から集会があって授業をするかどうかで揉めていて結局、中止。月曜日と木曜日、働いているので、木曜日も中止なのかと訪ねたところ、未だ分からないので、水曜日電話して欲しいとの事・・・(責任者はブルターニュの学生達と連携しているので、長引くかもしれないという見解です)

 不思議なのは文学系の学部だけがデモをしており、法学部、サイエンス系の学部はデモをしていません。私見ですが 単なるバカンスを増やすための口実にしか思えません。
 校内に今朝、用事があって行きましたが、雰囲気が異様で入るのを止めました。
 真面目な生徒たちのためにも早く終わって欲しいです。確かに 異常性を感じます。
 

投稿: Emma.F | 2006.02.21 02:00

たぶん休み明けの3月7日までやるだろうと予想されています。大学の完全な封鎖はレンヌでは2003年がはじめてでした。これも書くことにします。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.02.21 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/8689609

この記事へのトラックバック一覧です: レンヌで学生が大学封鎖 その1 レンヌから全国に広がる封鎖:

« 風刺画に対するフランスの論調 | トップページ | ブルターニュの特選新製品 Prix Meilleure Nouveauté en Bretagne 2006 »