« コルノグとアルタンのコンサート | トップページ | パンドラの箱は開かれた »

2006.02.13

書類をパソコンに取り込めるスキャンスナップ

  うちへ遊びに来る友人は、積み上げてある資料を見て「これいったいどうするの」と言う。ほかの人にはただの紙くず。でも現地にしかない資料は思い切って捨てることも出来ず、私も「どこにあったか」と探すのに時間がかかる始末。そんな大量の文書を一気にPDFファイルとしてパソコンに取り込める便利なスキャナーScanSnapがあるとはうわさに聞いていた。

  そのScanSnapの新バージョンScanSnap FI-S500が2月10日に発売された。
 

S500は、A4両面原稿を毎分18枚、36ページ(ノーマル カラー 150dpi/モノクロ 300dpi相当)の高速読み取りが可能。従来機に比べ、すべての読み取りモードにおいて20%の読み取り速度向上を実現しました。
さらにS500は、「CCDセンサー」を2つ搭載しているので、カラー/モノクロの両面原稿を同速で読み取ることができます。また、原稿を一度に50枚まで連続読み取りが可能。読み取りが終了しても、継ぎ足しにより継続して読み取りを行えるので、大量の原稿をスピーディーに電子化することができます。Fujitsu

  新機能としてA4判以外の文書サイズでも自動的に検出し、それぞれの大きさで読み取る機能が加わった。これで、新聞の切り抜きのような定形サイズ以外のものでもそのまま読み取れる。また名刺読み取りソフト「名刺ファイリングOCR」上でQRコードの認識ができるようになった。例えばScanSnapで読み取った名刺をQRコードで画面上に表示し、携帯電話のアドレス帳に登録できる仕組みである。

    日々紙にうずもれている私としては是非欲しい。そうでもしないと、そのうち寝る場所もなくなる可能性大なのだ。それにこれらの資料を国際宅急便で日本に送るとすると紙は重いから船便でも15万円以上かかるはずだ。スキャナーを買ったほうがずっとお得になるわけだ。真剣に考えてみよう。
 

|

« コルノグとアルタンのコンサート | トップページ | パンドラの箱は開かれた »

コメント

ペーパー資料の電子化は夢ですね。
探すのも簡単になるし、場所もとらないし。

でも僕だったら貧乏性で心配性だから、
電子化しても書類を捨てられないかも...。

投稿: yasu@奈良 | 2006.02.13 21:47

こんにちは

私も紙の質感が好きなので出来ればそのままにしておきたいです。でも現実はちょっと厳しいです。

図書室と暖炉のある家に住むというのが私の夢なのですが・・・

投稿: 市絛 三紗 | 2006.02.13 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/8641535

この記事へのトラックバック一覧です: 書類をパソコンに取り込めるスキャンスナップ:

« コルノグとアルタンのコンサート | トップページ | パンドラの箱は開かれた »