« レンヌで学生が大学閉鎖 その9 3月21日、人文字 | トップページ | レンヌで学生が大学閉鎖 その10 営業中のデパートが襲われた »

2006.03.22

中国製のコピー商品が氾濫するフランス

    数日前テレビでいかに中国製のコピー商品が出回っているか、そしてそれをどう取り締まるかという内容の番組をやっていた。イタリアで大量にさばかれるフランスのブランド商品のコピー。販売している人間をイタリアとフランスの取締官が連携して逮捕し、ハンドバックを押収し販売できないようすぐにナイフで切り裂いてゆく。

  今や大量のコピー商品がフランスに押し寄せている。それはハンドバックや時計などの高級品とは限らない。衣料品、家電、文房具など、どれも見た目が巧妙にできているのですぐに見分けるのはむずかしいのだ。例として取り上げられた携帯電話は本体だけでなく電池や付属品まですべてにせものだった。

  次に登場したのは子供のおもちゃ。本物と比べると粗悪品で壊れやすい。子供が怪我をしたり壊れた部品が喉に詰まり窒息する可能性がある。だが、価格が数分の一なので案外売れているのだという。フランスのおもちゃ業者は商品開発にあたり、テストをくり返し強度を確認している。しかしその製品工場は中国にある。人件費が安いからだ。工場から製品の情報が外に流出することもあるので管理は厳重だ。信頼できる業者と取引するしか方法はないようだが、それを見極めるのは至難の技。

  次にフランスの税関の職員が中国に飛び、現地の様子を視察する。中国も何もしていないわけではない。港で輸出されようとしているコンテナを検査して水際で止めようと努力を行っている。実際に中国製品もコピーされて害をこうむっているからだ。輸出の方法も巧妙でいくつかの国を経由してフランスに送られるのである。

  見本市にもコピー商品は並んでいる。「これはフランスの商品のコピーでしょ」とフランスから出張してきた取締官。「名前も異なるし違う商品」と開き直る業者。中国警察との協力捜査で悪質な業者は逮捕されてゆく。大型デパートの売り場にはさすがに昔のようにコピー商品は並ばなくなったが、観光客を見つけると店員がこっそり耳打ちする。「もっといい物があるから」と手招きするのである。そこで隠しカメラをしこんでついて行くと細い通路から別の部屋に案内される。そこにはコピー商品が山のように積まれていて、それを購入するたくさんの客がいた。

  ほかにもありとあらゆる品がコピーされている。ブランド商品だと思って買ったバックがすぐに壊れても、安い価格で購入したのであれば仕方ないだろうが、本物と酷似した粗悪な医薬品などを誤って服用すれば健康を害する危険性もある。この番組を見終わって自分のまわりを見渡してみた。これもコピーかと疑えばきりがない。大変な時代になったものだ。

|

« レンヌで学生が大学閉鎖 その9 3月21日、人文字 | トップページ | レンヌで学生が大学閉鎖 その10 営業中のデパートが襲われた »

コメント

中国の勢い、フランスでも凄いようですね。シラク大統領は2月にインドを訪問し、将来の原子力技術輸出の市場拡大を狙っています。もはや中印は世界経済の中で無視できない存在になっているんですね。

投稿: NIK | 2006.03.22 19:39

こんにちは。

フランス語学校や大学の経済学部は中国人であふれています。アイルランドでもホテルやバーで中国人がたくさん働いていました。それからカメルーンの留学生が「私の国にもいっぱいやって来ている」と言っていました。

インド人はまだ少ないです。私が行ったのはずいぶん前。デカン高原のあたりとデリーだけで、ムンバイは行ったことがありません。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.03.22 20:23

EU圏内ではCEのロゴをつける(つまりEUの規定に従った商品であることをメーカーが表示する)ことが義務付けられているものが多いですが、見るからに規定に外れているのにCE表示をした中国製品をみつけた関係者がそのメーカーに直接指摘したところ、堂々と「これはChinese Exportという意味で、CEロゴではない」と言われたという話を聞いたことがあります。すごいと思いました。

投稿: ふらんす | 2006.03.24 19:39

ほんとうにすごい言い訳ですよね。番組ではバラの花を栽培している業者の話もありました。簡単に挿し木できるのですから、取締りはザルで水をすくうようなものです。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.03.24 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/9189637

この記事へのトラックバック一覧です: 中国製のコピー商品が氾濫するフランス:

« レンヌで学生が大学閉鎖 その9 3月21日、人文字 | トップページ | レンヌで学生が大学閉鎖 その10 営業中のデパートが襲われた »