« トリニティカレッジとソルボンヌ | トップページ | レンヌで学生が大学閉鎖 その7 3月16日、夜の乱闘 »

2006.03.16

レンヌで学生が大学閉鎖 その6 3月16日、市役所前広場

cpe
  レンヌではまだ大学封鎖が継続中だ。今週はじめの全国の動きはfenestraeのCPEの仏学生の運動、月曜になってさらに活発化に書かれている。

  16日午前大規模なデモがあって、昼ごろには市役所のあたりは静かになっていた。午後1時ごろ窓から外を眺めると、市役所の2階部分のバルコニーが占拠され、反CPEの垂れ幕が下がっていた。午前中からずっとあったのかどうかはわからない。しばらくすると幕もなくなり、広場には誰もいなくなった。1時半ころにやってきたCRS(共和国機動隊)の車が10台くらい駐車していただけだった。

  1時45分。そこへ学生たちが「ワー」と鬨の声をあげながらなだれ込んできた。車の中から催涙弾がわずかな時間で10発ほど発射された。写真の白煙がそうである。学生たちが逃げようとしている様子がわかるだろう。そして私の住まいから10メートルくらいの場所で炸裂した催涙弾の煙が上がってきた。ついに、私は自宅にいて催涙弾を吸い込むはめになった。赤ちゃんのいる家庭はこんな状況になったら大変だ。

  学生たちが何か投げていてガラスの割れる音が聞こえている。10分くらいでCRSの車は移動していなくなり2時半現在、若者たちは広場に座り込みタムタムなどたたいてのんびり休息しているように見える。このままでいくと先週と同じようなことになりかねない。すでに別の場所で何か起きているかもしれないがわからない。


      追加情報

  今日はフランス中で高校生がデモを行ったのだ。150000人(警察発表)もしくは500000人(主催者発表)ということだ。レンヌでは5000~15000人が参加。午後6時から8時の間に町のあちこちで火の手が上がった。ちょうど6時半ごろリベルテ通りの真ん中で火が燃えているのを見た。そのせいで家路につく車が大渋滞していた。用事をすまして8時すぎにそこを通ると焼け焦げた金属片が道路をふさいでいた。それにCRSの大型バスが何台も物陰に止まっていた。いったん食事をして夜に備えているといった重々しい雰囲気だった。

  レピュブリックのバス停前付近でも数ヶ所ゴミ箱の残骸がころがっていて、通行人の顔もくもっている。市役所前広場には割れたガラスが点在し、オペラ座のコンサートも中止になった。楽しみに集まってきた観客たちはため息をつきつつ去ってゆく。

  今午後10時だが、いったん静かだった町に時折若者達の叫び声が響いている。そう書いている間にもホイッスルやら金属音が大きくなってきて叫び声も聞こえる。これからまた騒ぎになるのだろうか?「サルコジ、殺せ」と叫んでいる。これは誇張でも何でもなくありのままのフランスなのだ。続きにはFrance3のニュースを貼り付けておく。

   その7につづく

Les manifs tournent à l'affrontement France 3
Les manifestations et les blocages ont dégénéré ce jeudi dans les rues mais aussi dans les lycées de l'Ouest

Au moins 5.000 personnes, selon la police, 15.000 selon les syndicats, manifestaient ce jeudi midi contre le contrat première embauche (CPE) dans les rues de Rennes. La mairie a été occupée par quelques dizaines de jeunes puis évacuée par les CRS en début d'après-midi. A Quimper, 2.200 personnes selon la police et 2.500 selon les organisateurs ont défilé dans le calme. A Brest, les manifestants étaient 2.500 selon la police et 5.000 selon les organisateurs. les manifestations commencées dans le calme sont sont pourtant mal terminées.

A Nantes un proviseur et un proviseur adjoint de deux établissements scolaires ont été blessés. Au lycée professionnel Leloup-Bouhier tout d’abord, "le proviseur a été bousculé, et cette agression entraînera une interruption temporaire de travail de quatre jours" et "des dégradations ont été commises dans l'établissement", relève le rectorat.Peu de temps après, le lycée Vial de Nantes, , "a été la cible d'une intrusion de plusieurs dizaines de jeunes", poursuit le rectorat. "Le proviseur a esquivé un coup de poing et son adjoint a reçu un coup de pied et a été hospitalisé pour être examiné" et les casseurs ont également brisé des fenêtres et des portes, selon cette source.

A Rennes également les manifestants se sont violemment heurtés à la police. Quelques dizaines de jeunes, certains le visage dissimulé, ont mis le feu à des poubelles, endommagé des véhicules et lancé des bouteilles ainsi que des pavés sur les forces de l''ordre.

|

« トリニティカレッジとソルボンヌ | トップページ | レンヌで学生が大学閉鎖 その7 3月16日、夜の乱闘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/9121807

この記事へのトラックバック一覧です: レンヌで学生が大学閉鎖 その6 3月16日、市役所前広場:

« トリニティカレッジとソルボンヌ | トップページ | レンヌで学生が大学閉鎖 その7 3月16日、夜の乱闘 »