« レンヌで学生が大学閉鎖 その5 3月9日、日中の様子 | トップページ | トリニティカレッジとソルボンヌ »

2006.03.13

アイルランド旅行記 その1 天気

wh
  レンヌを出発するとき雪がちらついていた。ユーロスターの車窓から見たフランス北部も真っ白。ロンドン郊外に住むという家族づれは「アイルランドはあったかいから、雪なんて降らないわよ」と笑っていた。ところが今年の天候は例外でアイルランドでも雪だった。

  それでめったに見られない雪の原野を旅することとなった。ダブリンの南Wicklowウイックロウ山脈(600~900メートル)なんてこのような雪景色。これが"Garden of Ireland"と言われる場所だ。滝や湖の点在する風景はきれいだったが、寒くてミニバスの窓が曇ってよく見えない! 5分ごとに窓を拭きましたよ。

wh1
    世界遺産Newgrageニューグレンジの外で説明を聞いている時も横殴りの雪が舞いとても寒かったが数分間内部で説明を聞いて外に出たら快晴だった。滞在の最後は雪は雨に変わったが、ブルターニュと同じようにザーと降って青空が見えるという天候だったので幸いだった。

  「そんな時期じゃなく春になってからにすればいいのに」と言われたが、この時期行ってよかったのは観光客が少ないこと。それでもダブリンのホテルは週末は予約がいっぱいで少し離れた場所に移動しなければならなかった。シーズンオフは安く泊まれるのがありがたい。どんなところに泊まったのかはまた後日。
   

|

« レンヌで学生が大学閉鎖 その5 3月9日、日中の様子 | トップページ | トリニティカレッジとソルボンヌ »

コメント

いよいよはじまりましたね。アイルランド旅行記。
この前、地元の地ビールの飲める酒場で会ったおじさんも、アイルランドはいいから行ってみたら、みたいなことをこんこんと言われて、再びアイルランド熱が高まっているところ。
記事を楽しみに待っています。

投稿: dunkel | 2006.03.13 20:48

寒いのでビールをガブガブ飲む気になれませんでした。ハーフパインツでいちおう乾杯はしましたが・・・ 食べ物はおいしかったですよ。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.03.14 02:14

雪のウィックローなんて、滅多にない時にいらっしゃったんですね。寒かったかもしれませんが、これはかなりラッキーなのではないかと思います。そして雪のニューグレンジ。どちらも写真がなければ想像できそうもありませんでした。
基本的に2月、3月は雨の多い時期なんだそうです。

投稿: kimuco | 2006.04.01 20:44


>かなりラッキーなのではないか
はい。おかげさまで・・・

でも、もう一度チャンスがあれば、緑の島を見たいです。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.04.03 06:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/9072102

この記事へのトラックバック一覧です: アイルランド旅行記 その1 天気:

« レンヌで学生が大学閉鎖 その5 3月9日、日中の様子 | トップページ | トリニティカレッジとソルボンヌ »