« アイルランド旅行記 その2 総まとめ | トップページ | 中国製のコピー商品が氾濫するフランス »

2006.03.21

レンヌで学生が大学閉鎖 その9 3月21日、人文字

CPE
  21日午前11時、市役所前に学生たちが集まってきた。やがて人文字があらわれた。でも一部しか見えないので何と書いてあるのかわからない。
CPE1
  人文字になって座っているのは高校生だろう。楽しそうに友達たちと話をしている。しばらくすると道路が封鎖されCPE(初期雇用契約)に反対するデモ行進がはじまった。すごい数のジャーナリストたちが先頭に陣取ってカメラを向けている。群集を撮るには少しでも高いところに登れと教えられているので、巨大な植木鉢の上によじ登る。横を見ると、たくさんのカメラマンで鈴なりになっている。CPE3 午後1時のTF1のニュースにはすでにこの映像が使われていた。デモ行進にはRennes第二、続いて第一大学が後に続いている。Nous sommes tous des casseurs「我々すべてがcasseursである」というスローガンがレンヌ第二大学の掲げる旗に書かれている。les casseursとは「破壊を行う者、挑発者」の意味。いつも始まりはおとなしいのだが数時間後には乱闘になってしまうのだ・・・
 
   追加情報

  午後3時前、デモ隊が帰ってきた。20くらいのゴミ箱を無断で持ってきて、それを太鼓代わりにたたいている。ただでさえゴミ箱は火をつけられなくなっているのに、勝手に持ってくるな!! 

上の人文字、NON CPEと書かれている。これは市役所側から見ないといけなかったのだ。従って写真はさかさまになっていて、CとNの部分だった。

  その10に続く

|

« アイルランド旅行記 その2 総まとめ | トップページ | 中国製のコピー商品が氾濫するフランス »

コメント

はじめまして!
先週末からレンヌ1に仕事で来ている者です。

地元紙Ouestを読んで何となく状況は分かるのですが、こちらの情報は日本語ですし、何よりも生の情報なので、大変参考になります。

今朝、用事があってレンヌ駅に出かけていったところ、駅と博物館の間の大通りの途中にあるリセの前で道が封鎖されていました。
10:00頃駅から出てきたところ、ちょうどデモ隊が出発するところに遭遇しました。

その後、上の写真のようになったのですね、きっと。

レンヌ1に出勤したところ、講義室がある建物の入り口で何やら人だかりがしていました。
昨夜の投票で1も封鎖が決まったようなので、そのせいかもしれません。が、昼現在人だかりも解消して、普段通りに見えます。

こちらのスタッフによると、2は建物が少ないから封鎖もできるけど、1は建物が多すぎて無理だ、とのことです。

では、今後もよろしくお願いしま~す。

投稿: ウォンバット | 2006.03.21 23:15

ウォンバットさん。はじめまして。

今日のデモは11時に市役所前集合だったのですが、午前中すでに道をふさいでいたのですね。いちおう次の予定は木曜11時にレンヌ駅前です。

レンヌ1のどちらにいらっしゃるのですか?Beaulieuなら少し離れていますから騒がしくないでしょうが。大学の様子教えてくださいね。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.03.22 02:41

市絛さん, こんばんは。

仕事はBeaulieuの方です。
泊まっているのはThaborの辺です。

この辺から東は普段と変わらないように見えます。
でも日曜にHoche広場のスーパーに買い物に行ったときは、ゴミ箱が転がっていたり、ガスメータの蓋が落ちてたり、瓶が割れてたり、かなりの台数の車のミラーがへしおられたりしていました。
もっとも、普段の週末と違うかと言われると、ちょっとひどいくらい?という気もしますが…。(^^;

大学は、部活の光景などを含めて、基本的に変わらないように見えます。
ただ、木曜にデモ、金曜に集会、というビラが貼られていましたので、どうなるか様子見です。

また情報がありましたら、お知らせします。

投稿: ウォンバット | 2006.03.22 04:46

こんばんは。

>ガスメータの蓋が落ちてたり、瓶が割れてたり、かなりの台数の車のミラーがへしおられたり

観察が細かいですね。車のミラーがへしおられていたとはひどい。私の車、ここの地下駐車場に置いてあります。路上じゃなくてよかったです。週末遠出したのがいやだったみたいで、ハンドルを切る度に耐えられないような音がして、また修理工場行きですが・・・

投稿: 市絛 三紗 | 2006.03.22 06:30

お忙しい中臨場感溢れるレポートありがとうございます。

今回のCPE反対大学封鎖は、2月8日のレンヌ第2大学が最初だったようですし、レンヌの「特殊事情」にはちょっと興味を引かれます。

1)レンヌでCRSと衝突している「暴力分子 casseurs 」は一体誰なのでしょう?パリでは報道でも、私の印象でも、彼らの大半は学生ではなく、極右・極左・郊外のアフリカ系若者たちで、CPE反対とは無関係に今回のデモに便乗して宿敵CRSを挑発しているだけに思えます。これはパリでは20年来、あらゆるデモに付随している現象です。
少なくとも17日夜にレンヌで身柄拘束され、有罪判決を受けた若者5人は学生ではなく、木曜恒例の騒乱分子の類だったようですが。
「サルコジ、殺せ」といったシュプレヒコールが出ているということは、暴力分子はやはり「便乗組」が主役ということでしょうか。
 
2)レンヌには木曜夜のサン・ミシェル界隈の騒乱という「前哨戦」が2年来存在していますよね。

a)週末前に通りでアルコールを交えてfêteというのは、まあどこの学生もやることかも知れませんが、レンヌのケースはちょっと目立つ(しかも寒いのに!)と言われますよね。
-レンヌは4人に1人以上が学生で地方大学都市としても学生が多い。
-収入水準が低いのに対し、バー等のアルコールが高く、公道での騒ぎを助長。
-学生のハメはずしに対する断固たる態度を掲げCRSを投入した保守系マルゴルン知事と、よりソフトな対策を標榜するエルヴェ社会党市長の対立を背景とした事態の政治化。
-ブルターニュには元々fête arroséeの伝統がある(ホント?)。
とかいった説明を聞きますが、現地の方の実感としては如何でしょう?

b)木曜の路上飲み会が夕刻学生主体に始まっているにしても、夜半CRSと衝突していたのは本当に学生なのでしょうか?

いずれにせよレンヌの学生たちの行動の際立った暴力化が本当に存在するならば、その理由は考えみる価値があるかもしれませんので、分かる範囲でお教え頂ければ幸いです。

投稿: Verdi prati | 2006.03.22 10:33

Verdi prati さん。こんにちは。

最近レンヌを離れていることが多く、デモのことは調べている時間がありませんでした。このところ古代~中世をやっているので今の情報が欠けています。

1)サルコジ氏は普段から何かと引き合いに出されます。車の抜き打ち検査がやたら多く「サルコのせいだ」と言ったふうに。
2)2つの総合大学とその他高等教育機関で学ぶ学生が約6万人。幼稚園児から高校生までが4万6千人。人口の半数以上が学生です(訂正します。大辞泉では学生とは「学問をしている人。特に、大学生」という説明。幼稚園などふくまれませんね。高校生はどうなのでしょう?)
>fête arroséeとは具体的に何を指すのでしょう?

質問に関連する事項はメルマガに書いていました。途中で中断する形になっていますが、バックナンバーをお読みください。

誰が騒ぎを引き起こしているのか、これは知り合いのジャーナリストとじっくり話し合ってみます。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.03.22 15:33

はじめまして。
ナントに住み、ナント郊外で働いているものです。
人事労務関係の仕事をしているため、CPEの詳細を調べていたら、ここにたどり着きました。
ウォンバットさん同様、日本語のページに感謝感謝です。
ナントは、レンヌほどひどくないようですが、先週土曜日は大変なことになっていました。
今後も、ちょくちょくお邪魔させていただくと思いますが、よろしくお願いいたします。

投稿: Jingers1 | 2006.03.22 16:58

Jingers1さん。はじめまして。

この週末歴史の会があるのでナントへ行きますよ。再来週もヴァンデに行くのでナントを通ります。

ナントでの動きもぜひお知らせください。写真も送っていただいたら掲載しますのでよろしくお願いします。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.03.22 17:34

市絛さん,

こんばんは。
人文字の謎、今朝のOuestの写真で分かりましたね。と書こうと思ったら、もう書いてらっしゃる。(^^;

さて、今日のレンヌ1ですが、昼休みに学生が集会を開いて、拡声器で演説をしていました。
その後もずっと夕方まで声が聞こえていました。
こちらのスタッフは、「今日は講義はないのに、何を決議しようとしているんだろう?」と不思議そうでしたが、明日のデモの準備かもしれません。
明日のデモはもめないといいのですが…。

市絛さんのメルマガも拝見しました。
私は単発的にしか滞在したことがないので、良く分からないたことがいろいろとありましたが、だいぶはっきりしてきました。
大変、参考になります。
また再開の折には是非登録させてください。

今日はひとまずこれにて。

投稿: ウォンバット | 2006.03.23 05:28

ウォンバット さん。こんばんは。

今日の新聞読んでないんです・・・ 全体をうつすには市役所の2階以上に登らないと無理。先日占拠されたので、誰もいなかったはずなのに。

このサイトをはじめた時には、レンヌでこのような騒動が続けて起きるとは思っていませんでした。何もなくてあたりまえなのですが。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.03.23 06:34

こんばんわ。
今日の昼もだいぶ騒がしかったようです。
どうやったら、この件は治まるのか?
それにしても、ますます先が見えなくなってきましたね。
自分は仕事でなかなか現場を見ることはできないので、妻に危険じゃない程度に近寄って写真とってもらいます。
成果?がでたら連絡します。

投稿: Jingers1 | 2006.03.24 06:02

レンヌは大変なことになりました。ショックです。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.03.24 06:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/9193755

この記事へのトラックバック一覧です: レンヌで学生が大学閉鎖 その9 3月21日、人文字:

» レンヌの学生デモ-人文字作成 [Snapshot]
実はこのニュースはAFP BB NEWSよりも先に「うるわしのブルターニュ」というブログの次の記事で知った。 http://bretagne.air-nifty.com/anne_de_bretagne/2006/03/post_9aa0.html ... [続きを読む]

受信: 2006.03.22 22:59

« アイルランド旅行記 その2 総まとめ | トップページ | 中国製のコピー商品が氾濫するフランス »