« 顔にぼかしを入れる方法を教えてください | トップページ | 投稿記事から写真が消えました »

2006.03.31

CPE(初期雇用契約)抗議デモに関する日本の報道

Anticpe
  日本の各新聞が報道したCPE(初期雇用契約)抗議デモ報道を読んでみた。

フランス:新雇用促進策に抗議運動 大統領選挙に影響も 毎日新聞
雇用デモ騒然、仏首相さらにピンチ 大統領が政治決断も 朝日新聞
仏抗議デモ、過去最大規模105万人…800人を逮捕  読売新聞
仏大規模ストで105万人参加、800人逮捕 産経新聞
仏の雇用紛争で全国スト入り オペラ座も臨時休演 朝日新聞
仏高校生ら線路を「占拠」 雇用紛争、交通寸断 朝日新聞

  レンヌのことなどほとんど出てこない。いまや大学封鎖だけではなく、中学や高校でも教師のスト参加、生徒たちによる学校閉鎖も行われているのである。France2の夜の特集で数人の大学生にスポットをあてて長期取材をしていた。レンヌのことも出てきた。「暴力はふるわないよう呼びかけている」と主張しているが数万人のデモをコントロールすることは不可能だ。写真はCRS(機動隊)に生タマゴ、瓶、石、発炎筒などを投げつけその様子を写真に撮っている若者達。そのせいでCRSやカメラマンも怪我をしている。

  今日の夕方ブルターニュ広場を通ったが広場の東側の銀行や10軒近い店舗はどこもガラスを割られていて、板が打ち付けられていた。物理的に営業できない店舗もある。28日のデモは約2時間レンヌ駅が占拠されたが、その後昨日、今日は朝の通勤時間をねらって幹線道路が封鎖され、大変な混乱を引き起こしている。CPE(初期雇用契約)抗議デモが地方経済に打撃を与え、これがさらに雇用をおさえる悪循環につながりそうである。フランス語の関連記事を続きに貼り付けておく。


La ville vit au rythme des manifs anti-CPE

Manifestation record suivie de débordements mardi, rocade bloquée hier, d'autres perturbations attendues aujourd'hui : la ville vit au rythme des anti-CPE.
Grève dans l'éducation. La grève a été très suivie mardi, dans l'enseignement public d'Ille-Vilaine avec près de 63 % de participation dans le 1er degré selon le rectorat. Dans les collèges publics, le rectorat a noté 61 % de professeurs grévistes, 53 % dans les lycées professionnels, près de 49 % dans les lycées généraux, 42 % des personnels étaient également en grève. Du côté des élèves, les rangs étaient également clairsemés, soit que les élèves étaient à la manifestation, soit qu'ils ont renoncé à aller en cours en raison de la grève. Le lycée de Montfort par exemple n'a pas vu un seul élève, Dans le privé, les taux de grève sont moins élevés : 9,53 % d'enseignants dans les lycées, 2,5 % tous personnels confondus selon la direction départementale de l'Enseignement catholique. Les établissements ont en revanche noté l'absence d'élèves partis manifester. Hier, les cours ont eu lieu normalement dans les différents établissements excepté au lycée Sévigné de Cesson où un blocage a été organisé. Seule une cinquantaine d'élèves était en cours.

Sainte-Geneviève stoppe le blocage. « Lundi on a voté à bulletin secret pour le blocage sous la surveillance du directeur, expliquent des lycéens de Sainte-Geneviève. On a laissé passer les profs et les collégiens. On voulait aller à la manifestation mardi, s'exprimer, lutter pour notre avenir. Ce n'est pas un caprice. Mercredi, on a levé le blocus. On craint des sanctions. C'est dommage, le blocus, c'est une manière d'empêcher les débordements. La dernière fois qu'on a reçu la visite d'autres lycéens pour nous faire débrayer, il y a eu des débordements, le conseiller principal d'éducation a eu le poignet fracturé. » Les lycéens mobilisés ont maintenu un appel à manifester pour ce jeudi à 11 h « mais mieux vaut avoir un mot des parents. » Ils envisagent une nouvelle assemblée générale vendredi midi. Hier, la direction de l'établissement n'a pu être jointe.

Universités. Hier lors de l'assemblée générale des étudiants de Rennes 1 sur le campus de Beaulieu, le blocage total a été soumis au vote. 1 277 étudiants se sont exprimés. Le blocage total a été rejeté à 55 voix d'écart, le blocage ponctuel, jour de manifestation est lui maintenu. Les cours seront donc perturbé ce jeudi avec un rassemblement prévu à 11 h place de la Gare suivi de diverses actions en centre-ville. À Rennes 2, une assemblée générale a rassemblé 700 étudiants pour élire les délégués qui iront à la coordination nationale de Lille ce week-end et à la coordination régionale qui se tiendra à Rennes vendredi. Prochaines assemblées générales lundi à 12 h 30.

Motion anti-CPE à Rennes 1. Les membres du conseil d'administration de l'université Rennes 1 ont voté une motion contre le CPE : (42 votants, 24 pour, 11 contre, 7 absentions). « Les membres du conseil d'administration de l'Université de Rennes 1 soucieux du devenir professionnel des étudiants, considèrent que le contrat première embauche est porteur de précarité. Aujourd'hui, seule une initiative forte et urgente allant dans le sens de l'apaisement, retrait du CPE et ouverture de négociations, est susceptible de désamorcer la crise. »

La réaction d'Edmond Hervé, maire de Rennes : « J'ai exprimé mon opposition au CNE et au CPE dans « Le Rennais ». Ces deux mesures justifient les manifestations importantes qui se sont déroulées. Le bien-fondé de ces manifestations ne doit pas être mis en cause par le comportement d'une minorité qui dégrade les biens privés et publics. J'exprime ma solidarité aux personnes qui en sont victimes et remercie le personnel de la Ville qui intervient toujours rapidement pour prévenir, nettoyer et remettre en état. »

La préfecture rend hommage « aux forces de police qui ont fait preuve de professionnalisme et de sang-froid pour assurer la sécurité de tous ». Elle indique dans le bilan des dégradations que des dégâts ont été commis à la gare où le bar d'un TGV a été pillé et une rame TER dégradée. En ville, 16 vitrines de magasins ont été brisées, 11 abribus détruits, deux véhicules dégradés. Trois personnes ont été légèrement blessées parmi les forces de l'ordre et 5 manifestants évacués sur le CHU pour des traumatismes légers. La préfecture renouvelle ses appels à la prudence et invite les commerçants à protéger leur vitrine autant que possible. Elle invite la population « à éviter l'itinéraire de la manifestation en veillant à ne pas entraver l'action des forces de l'ordre que la présence de badauds rend encore plus difficile. »

La réaction d'Honoré Puil, adjoint au commerce : « Je tiens à exprimer toute ma solidarité avec les commerçants et artisans victimes des agissements intolérables des casseurs à l'issue de la manifestation du 28 mars. La droite, dans son refus d'entendre la population, est très directement responsable des désordres en ville. »

Annie Rault, présidente régionale du Syndicat des entreprises de travail temporaire. « Depuis fin janvier, nous ne pouvons recevoir notre personnel intérimaire. Tous les mardis et jeudis, nous devons baisser les rideaux. Nous demandons que l'ordre soit rétabli afin de nous permettre de faire notre travail correctement, sachant que nous sommes les premiers à faire travailler les étudiants l'été et pendant leurs vacances scolaires. »

Les syndicats. FO : « Si le gouvernement ne retire pas le CPE et le CNE, si la loi sur l'égalité des chances est promulguée, la grève générale interprofessionnelle est la seule issue pour les salariés et la jeunesse. » CFDT : « Le gouvernement doit retirer le CPE et inviter les organisations syndicales à négocier de meilleures conditions d'entrée dans la vie active pour les jeunes. A défaut, le gouvernement prend la responsabilité d'un chaos général. »

La Chambre de commerce et d'industrie : « Après les dégâts provoqués mardi, l'activité économique a de nouveau pâti d'actions visant à paralyser l'activité des entreprises et des salariés. L'accès aux zones d'activité et aux commerces a été rendu impossible. Plusieurs entreprises ont sollicité la CCI, lui demandant d'intervenir en faveur du rétablissement des conditions normales de l'exercice des activités économiques. Il serait regrettable et paradoxal que ces agissements aient des conséquences néfastes sur l'emploi dans notre pays. »

Les autres titres

|

« 顔にぼかしを入れる方法を教えてください | トップページ | 投稿記事から写真が消えました »

コメント

やっぱり、日本からブルターニュはまだまだ遠い地なのですね。

モンサンミッシェル(正確にはノルマンディだけど)を見には行っても、パリから日帰りだし(僕も昔やった)、「レンヌに行きます」と言ってもみんな曖昧にうなずくだけ。

なので、フランスが騒がしくなるたびに、日本からOuest-Franceのウェブを見ているウォンバットなのでした。

それですら、あっさりとしか書かれていないことが多いので、「うるわしのブルターニュ」を見に来るのが一番かも!?

早くもっと楽しい記事が読めるようになるといいですね。

投稿: ウォンバット | 2006.03.31 17:59

日本ではフランスの学生のデモは以前在った移民達の子供達が中心とした暴動とごっちゃになっている人が多いと思います。

確かに雇用法が問題になっていると書かれていてもフランス政府がその雇用法を出して来た背景の説明も無し。

それから右翼学生の位置の様な物がちょっと理解出来ないようです。

毎日新聞が右翼学生が授業再開を要求するデモをしたと書いていました。
授業再開を要求するデモは右翼学生がしたのですか?所謂ノンポリ学生がしたのではないのですか?

どうも日本に居ると状況が飲み込めません。
宜しければご教授ねがえませんでしょうか。

投稿: 紅遊詞 | 2006.04.01 05:52

管理人さんの方がきちんとお分かりかもしれませんが、こちらの学生や先生と話をしていると、封鎖に抗議しているのは「真面目な学生」のように思えます。

教育を受ける権利がある、というのももちろんですが、現実に単位取得や卒業資格認定に響きかねないことを考えると、真剣に将来のキャリアパスを考えている学生は、封鎖だのデモどころではないようです。

ということで、左翼学生から見たら、体制寄りの右翼学生めらが、ということになるのかもしれませんが、客観的に見たら、普通に勉強している学生らしい学生だと思います。

投稿: ウォンバット | 2006.04.01 06:44

やはり授業再開を要求しているのは普通の真面目な学生が主体でしたか。
では、右翼学生が挑発とか、右翼学生が逮捕とかは何なのでしょう?

そして今回のデモは左翼の学生が主体なのでしょうか?

更に移民の人達は返って雇用チャンスが増えると今回の雇用法を歓迎する向きも在ると言っていた人も居たのですが、どう言った意味でしょうか。

どうもいまいち日本では伝わり難くて解らないのです。

只、日本でもデモが大規模になっている事は伝わっています。

投稿: 紅遊詞 | 2006.04.01 10:27

脇から恐縮ですが、レンヌの状況は三紗さんがよくレポートして下さってると思うので、パリの状況について一言。

>右翼学生が挑発とか、右翼学生が逮捕とかは
デモの際に機動隊を挑発したり店舗を破壊したりとか、ソルボンヌ占拠中にコンピュータを破壊したり本を焼いたりした「暴力分子 casseurs」にはいくつかの種類があります。
1)都市郊外のアフリカ系若者:
昨年11月の暴動と同種のグループ。雇用制度改革反対とは無関係に、自分たちがそこから差別・疎外されていると感じている仏社会の権威・富を攻撃。デモ参加の白人学生も襲い、携帯や財布を強奪。
2)極左アナキスト系群小グループ・メンバー:
学生も非学生もいる。雇用制度改革そのものよりも国家・社会制度破壊が目的。ソルボンヌや社会科学高等研究院占拠の際、コンピュータや資料等を破壊したのは彼らと言われ、デモの際機動隊とも乱闘。止めに入った一般学生とも乱闘。
3)極右群小団体メンバー:
雇用制度改革反対とは無関係。デモ参加の極左・左派学生に殴りこみを掛ける。介入した機動隊とも衝突。
4)雰囲気に呑まれ機動隊に投石したりする一般学生。割合からすればごく少数。

要するに4)以外は雇用改革反対とは事実上無関係の便乗組で、今回のデモに限らず2)、3)は20年来、1)は10年前位からあらゆるデモに多かれ少なかれ付随している現象です。

>授業再開を要求するデモ
右翼学生団体が組織したデモもあったようですが、授業再開要求活動の多くは、法律関係試験等を控え勉強したい一般学生によるものようです。一般学生には、雇用制度改革には反対でも、大学封鎖という抗議手段には反対の人も多いようです。

>今回のデモは左翼の学生が主体
デモに出掛けてみると、過半数の参加者は普通の高校生と労組組員です。デモ参加者には一般学生も多数いますが、大学封鎖でピケを張っているのは殆ど全て左派学生団体活動家です。彼らが一般学生の総意を代表しているとは言いがたく、授業再開を求める一般学生との口論もあります。

>移民の人達は却って雇用チャンスが増えると今回の雇用法を歓迎
若者の失業率22%に対し、移民層出身の若者のそれは40%とも言われ、彼らは不安定雇用でも仕事があればまだましとの意見のようです。こう考えるアフリカ系若者は労働意欲のある「まじめな」者たちで、「暴力分子」とは一応区別する必要があります。

>フランス政府がその雇用法を出して来た背景
仏では正規雇用契約を結んでしまうと手厚い労働者保護法制で解雇が難しく、企業も仏での雇用に及び腰で、雇用は労働市場がより安価で柔軟な東欧等に流出してしまうという傾向があるとされます。試用期間2年間内の解雇を容易にし、企業の若者雇用への抵抗を少なくしようというのが骨子です。仏経団連は一応支持していますが、失業抑制の実効性を疑問視する経営者も少なくないようです。

ただ今回この時期にヴィルパン首相が、この改革を出してきた背景には個人的打算もあります。
07年大統領選出馬を目指すヴィルパンは、仏社会最大の懸念である失業問題に一定の解答を与え、点を稼いで出馬への踏み台にしようと、ボルロー雇用相ら内閣内の反対を押し切って、改革実行を決めたわけです。改革案を提示した1月の時点では、これ程の抵抗運動拡大を予想する声は政界でもメディアでもありませんでしたから。学生たちへの調査でも賛否半々という結果でした。健保改革や、中小企業に今回の新雇用契約と同じ内容を認めた「新規雇用契約」(CNE)は無事に通ったし、95年改革反対長期ゼネスト時とは違って、仏社会も構造改革を受け容れるメンタリティーに変わりつつあるという読みが多かったわけです。
しかもヴィルパンは改革法案早期可決を狙い、学生デモが起こりにくい2月の学校休暇中に議会審議に持ち込み、しかも議会審議・議会投票抜きで法案を可決できる憲法49条3項を一部用いるという「姑息な」強行手段に出ました。
ヴィルパンがデモ拡大にも拘らず、一切の妥協を拒否しているのは、1)一歩でも引いたら内閣内の当初からの反対派の批判を受け、大統領選出馬が難しくなる。特にライバル・サルコジ内相に脇を許すことになる。2)デモが激化・長期化すれば、秩序回復要求へと世論が転換し、情勢は妥協を拒んだ自分に有利になる(実際68年5月革命の際はそうなった)。と読んでいるからだと言われます。

今回の件で興味を引かれるのは、何で当初予想と異なり、ここまで若者たちが怒ったということですが、
1)学校休暇時審議、49条3項使用など、若者・国民を馬鹿にしたヴィルパンの法案審議方法が反発を呼んだ。
2)100万人以上の参加者を集めたデモにも拘らず、若者の意見を聞こうとしないヴィルパンの権威的・非妥協的態度への反感。
3)大統領選出馬というヴィルパンの個人的野心のために、自分たちは不安定雇用を強いられるという怒り。
といったヴィルパンのやり口への不満が一つのきっかけになったと思います。
メディアの論調に踊らされたとの意見もありますが、保守系フィガロ紙や経済紙は改革不可欠の論調で通していますし、左派ルモンド紙やTVに登場する左派論客の多くさえも新雇用契約そのものの原則的意義は認めつつ、政府の強引なやり口を批判する論法の方が目立ちます。メディアはやはり世論の大勢におもねる傾向はあるけれど、学生デモ支持一色とはとても言えないと思います。
仏労組はもはや弱者の代表とはまるで言えず、公務員を代表とする既得権保持層の利益墨守ロビーになり下がり、政府への戦闘・対決姿勢をアイデンティティとするイデオロギー的原則から新雇用契約にヤミクモに反対している(それによって組織率と影響力低下に活を入れる)面があるのは否定できませんが、今回は若者たちが労組に操られたのではなく、労組が学生デモ拡大を天の慈雨とばかりに利用しようとしている形です。

デモ参加の若者たちと話すと、新雇用契約の内容について必ずしも正確に理解してない面もあるものの(高校生なら当たり前かも)、将来への不安は確かに強いようです。つまり新雇用契約そのものの内容と並んで、
4)大学で長年勉強して修業資格を取っても、期待したような職種につけないという不安。
5)最近進んでいるとされる企業イメージの悪化の影響。「理由なしに解雇できる」新雇用契約は企業の営利的悪イメージを助長し、若者の最低限の自尊心に抵触。
6)フランス社会全体の富の中で、若者に配分される富の率は過去に比べ減っている。両親世代が悠々と年金生活を送る一方、自分たちが構造改革のツケを払わされるのは不当だ。
7)市場原理の中で自分の可能性を切り拓くよりも、公務員に代表される地位保障と既得権固守に傾くフランス的「怠惰で保守的な」メンタリティ。
といった背景もあると思います。

一言どころか長々と書いてしまい、申し訳ありません。

投稿: Verdi prati | 2006.04.02 12:50

ありがとうございました。
極右でない普通の右翼学生と左翼学生が、左翼学生主体のデモの中でも同じテーマで共闘している事など、日本では考えられ無い事に驚いています。
とても参考になりましたし、色々な謎が解けました。大変感謝しております。
フランスのデモは今日のCNNでも取り上げてました。

投稿: 紅遊詞 | 2006.04.02 13:43

みなさんコメントありがとうございます。

レンヌの場合、パリのように右とか左とかはっきり説明できないように思います。学生たちはテント村で寝泊りして毎晩騒いでいます。ここでもう少し話を聞いてみようと思います。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.04.03 05:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/9351180

この記事へのトラックバック一覧です: CPE(初期雇用契約)抗議デモに関する日本の報道:

« 顔にぼかしを入れる方法を教えてください | トップページ | 投稿記事から写真が消えました »