« CPE撤回が運動の終わりではない | トップページ | 桜が見ごろ »

2006.04.13

レンヌ第二大学、封鎖を解除

Ren1
    ドビルパン首相が演説を行った10日の午後、レンヌ第二大学では大学封鎖を継続するかどうかの投票が行われた。数十人が階段の上からそれぞれの意見を述べる。

  「大きな勝利だ。だがこれからだ」と闘志をあらわにするもの、「運動には賛同するが、CPEがなくなって要求は認められたのだから、もう授業を開始すべきだ」と試験が行えない不安を述べるもの。中には興奮して、「レンヌをこんなに破壊してしまったんだからここにいられるわけがないだろう」とはき捨てるように言って、去っていく学生もいた。

  約2時間が経過してやっと投票が挙手で行われた。私もその現場にいたのだが封鎖を継続するという人数が多いような印象を受けた。挙手だけでは判断がつかないからと、総会の後で学生証を提示して記述式の投票となった。その結果、封鎖を解く2348票、継続する1994票で、2月7日から続いた大学封鎖が終了することになった。レンヌ第二大学には約20000人の学生がいるから2割しか投票していないことになる。
Ren2
  フランスの大学は2学期制になっていて、10月から新年度がはじまる。レンヌ第二大学では1月にはじまった後期の授業は2週間しか行われていないから「もし資格が取れても今年はいつもの年と比べると就職に不利になるのでは」と学生たちの間でささやかれている。大学の資格についてはフランス政府留学局EduFranceの説明を参照のこと。

  フランス各地で11日、前日の若者雇用促進策「初期雇用契約」(CPE)撤回発表後も一部大学生が抗議行動を続行し、道路封鎖などで混乱が起きた。

  撤回発表に対して学生全国組織3団体の二つは「スト中止指令」を出したが、1団体は撤回が確認されるまで抗議続行を表明。西部ナントでは飛行場の滑走路を学生150人が一時占拠した。南西部トゥールーズ大、南東部マルセイユ大などでも大学施設閉鎖続行を決議している。毎日新聞

 その後の各地の様子をまとめてみる。11日全国で約40000人がデモに参加。
  パリでは2300人。トゥルーズ、バスをブロック。リールでもこぜりあい。
  ナントでは早朝飛行場に乱入という騒ぎも起きた。町では3000人がデモに参加した。
  レンヌでは2000人がデモを行いCRS(機動隊)とにらみ合う場面もあったようだが、大きな騒ぎにはならなかったようだ。
  キャンペールで200人の高校生がデモを行っている様子。このような小規模なデモが各地で繰り返されている。

  Des chiffres plus lourds selon l'AFP qui signalait 34 facultés perturbées dont 18 totalement bloquées.AFPによれば、34の大学で一部が、18の大学が完全に封鎖を続けている。

  Les manifestations anti-CPE 反CPEフランス西部の写真(Ouest-France)

|

« CPE撤回が運動の終わりではない | トップページ | 桜が見ごろ »

コメント

いよいよ、レンヌはこれで一段落なのでしょうか。
先日、NHK BSで、今回の件と昨年の暴動に関する特集をやっていました。
今回は一段落でも、根は深そうなので、また何かの拍子に出てきそうです。
しかも、今回は事実上の勝利のようなので、今後何かの拍子にもっと盛り上がってEU脱退とかいう流れに向かったりする可能性もありそうでしょうか?

投稿: ウォンバット | 2006.04.13 00:49

こんばんは。

>レンヌはこれで一段落なのでしょうか。
まだみたいです・・・

投稿: 市絛 三紗 | 2006.04.13 06:28

おはようございます。

そのようですね…。
彼らは、いったいどうしたいのでしょう?

投稿: ウォンバット | 2006.04.13 08:14

CNE(Contrat Nouvelle Embauche),機会平等法の見直しを求めています。

ほかに、最後までストを続ければ試験なしで進級できるのではという甘い考えも持っていると聞きましたが、それは無理でしょう。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.04.13 19:23

そうなのですか。欲張りなうえに甘えん坊だな。

それにしても、マイクちょんぎったり、勝手にスーパーからカート持ってきたりするやつらは、器物破損や窃盗でしょっぴけないのか?

投稿: ウォンB | 2006.04.13 23:17

逮捕者が多くなると、よけいに警察のイメージが悪くなるし、全部逮捕しても、刑務所もいっぱい。

自分たちで火をつけたり、壊したりしているのですから、ゴミ収集などを手伝わせるのはどうかと思います。

夜、割れたガラスを掃いているゴミ収集の人に話をききましたが、余分に仕事をしても、残業代もでないそうなんです。普段より何時間も仕事が増えているのは明らかです。こういうところにも影響があるのです。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.04.14 06:10

警察の方がオトナなのですね。あたりまえか。。。
役所も機動隊にはお金かけても、掃除には余分にかけないのだろうな。
おっしゃるように、甘えた若者達には、自分たちの行動に責任をとらせるべきでしょうね。

投稿: ウォンバット | 2006.04.14 11:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/9554480

この記事へのトラックバック一覧です: レンヌ第二大学、封鎖を解除:

« CPE撤回が運動の終わりではない | トップページ | 桜が見ごろ »