« 反CPEデモ、バスを止め、駅を占領 | トップページ | CPE(初期雇用契約)とは何か »

2006.04.05

繰り返されるデモ後の乱闘

Gaz
    午後5時すぎ「今日は反CPEのデモ隊ものんびりしていて、もう何も起きないだろう。早く仕事を終えられそうだ」とテレビ局のカメラマンがつぶやいた。先週、レンヌ・催涙弾の雨が降るの舞台となった旧高等法院前にはテントが立ち並び、そこではバーべキューをしているくらいだから。自転車に乗って見物している人に「他の場所では何もないでしょう」と聞くと「ブルターニュ広場でもめているよ」というではないか。

  まさかと思いつつ歩いていると、本屋バージンメガもシャッターを7割くらい閉めて営業している。理由を聞くと「デモの日だから」という答え。次にデパート、ギャラリーラファイエットの前を通る(3月23日に襲撃された)と、午後6時前なのにシャッターが降りている。襲われないうちに営業を止めたのだ。まるでテロなみの警戒ぶりだ。
Gaz2
  ブルターニュ広場に人だかりがしていて、爆発音が響いている。何が起きているのかさっぱりわからない。急に群集が走り出す。みんな全速力で逃げてくる。催涙ガス弾だ。空から落ちてくるのが上の写真にもはっきりと写っている。人がいなくなると、被害状況がのみこめてきた。バス停のガラスが何箇所も割られて道路一面に飛び散っている。車も、商店のガラスも粉々だ。少人数でこんなことはできない。どさくさにまぎれて建物の上から空き瓶を道路に叩きつけるどうしようもないやつらもいるから油断できない。

  CRS(機動隊)や警察官をからかうように前に進み出てギターをひく少年。私のすぐ側で瓶を投げているのはどう見ても中学生だ。道路の向こう側でCRSがいっせいに走り出す。やがて連れてこられたのは黄色のTシャツの少年。中学生、もしかすると小学生かもしれない。これまでに私が見た逮捕者50人くらいのなかで最も若い・・・

|

« 反CPEデモ、バスを止め、駅を占領 | トップページ | CPE(初期雇用契約)とは何か »

コメント

うるわしのブルターニュさんのブログを楽しみに見ています。でも今日の取材はとても危険です。
私があなたのママだったら、心配で夜、眠れないくらいです。本当に気をつけてください。
でも今の日本は悪いことが次々に起こり、それでいて、講義する手だてがありません。
もしかすると、フランスの若者の方がパワーがあるともいえるのでしょうか?
どちらにせよ、本当に気をつけてください。私たちは今年、ドイツからフランスへ行く計画を辞めにしました。

投稿: 豊田恵子 | 2006.04.05 10:36

催涙ガスがどのようなものかよくわかったので、これからはうまく逃げることにしますから大丈夫ですよ。(まだ続くということです!)

すでにフランスへの観光客は2割程度減っています。道路が封鎖され、TGVがブロックされてはどうしようもありません。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.04.05 16:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/9438326

この記事へのトラックバック一覧です: 繰り返されるデモ後の乱闘:

« 反CPEデモ、バスを止め、駅を占領 | トップページ | CPE(初期雇用契約)とは何か »