« 骨化誘導たんぱく質「カーミネリン」を発見 | トップページ | フランスニュースダイジェスト オンライン版 »

2006.05.11

幸せは自分の中にある

489346962201_scmzzzzzzz_
一冊の本が話題になっている。鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルールである。

  「魔法なんてあるはずない」という人もいるだろう。「どんな問題も解決する」なんてタイトルだけでも疑わしいと思うかもしれない。「うまい話にはのらない」と思う人も多いだろう。私は昨年のちょうど今ごろ、いいようのないあせりにとらわれ、自分を見失いかけていた。そんな時ある小冊子のことを知った。価格は400円。コーヒー1杯分だ。その本はある人の講演をテープおこししたものだった。たった2つの言葉を言うだけで運が向こうからやってくると書いてあった。

  ツキを呼ぶ「魔法の言葉」(書店でも購入できるようになった)を読み終わってから内容を実践した。心からそう思えるようになった時、何かが大きく変わり始めた。しばらくすると友人たちから「何かいいことあったの」と聞かれるようになった。楽しそうな顔をしているというのだ。「会いたいと思っていた人に会えた」とか「たまたま出かけたところで、思いがけない出会い」があったりするものだから、人の輪が加速度的に広がっているのだ。「はじめまして」と挨拶すると「君のことは知っているよ」と告げられびっくりすることも増えてきた。昨日自宅に女友人を招いた。「もし引越しして会えなくなったら寂しくなる」という一言が木霊のように心に波紋を広げてゆく。そう言ってくれる人が5人もいたらそれで十分だ。

  上記の鏡の法則は、「ゆるすこと」がテーマになっている。この話はブログに掲載され口コミで広がった。レポートにまとめられているので無料で見える。ここから。さらに5月17日までアマゾンキャンペーンが行われていて、特典として「人生のすべてを感謝して受け入れるようになるための重要な法則」が聞けるそうだ。また神様がくれた涙の主人公飯島夏樹さんのブログは感動的だ。どの話も実話ならではの迫力がある。それぞれの表現は異なるが本質は同じ。今生かされていることを感謝して生きることにつきる。

  幸せは遠くまで探しに行く必要はない。自分の心の中にあるものなのだから、自分が変われば人の対応も変わってくる。いつやってくるかわからない人生のジ・エンドがくる前に私が知っているブルターニュのことをもっとたくさんお話ししたい。ひとりでできることには限りがあるので、ブルターニュに住んでいる方、また興味を持っている人はどんどん連絡してほしい。私の望みはブルターニュと日本を結ぶ架け橋になること。協力してくれる人を待っています。

 追加情報

  上記の「ツキを呼ぶ魔法の言葉」は五日市剛さんがイスラエル旅行したときにたまたま出会ったおばあさんからもらった2つのプレゼントをめぐるお話です。2つ目の箱を開けようと思った時、信じられないようなことが起きます。「鏡の法則」と同じ内容ではありませんので、一言付け加えました。

|

« 骨化誘導たんぱく質「カーミネリン」を発見 | トップページ | フランスニュースダイジェスト オンライン版 »

コメント

つい最近、USAに住んでいる日本人のブログでこの本のことを知りました。 興味を持っていました。

以心伝心みたいですね。

ブルターニュに住み、日本との架け橋になる人、って事で、手を挙げます。

はい、ここに一人、何かのお役に立てるかも知れない、私が居ります。

連絡くださいね!!

投稿: taiko | 2006.05.11 15:23

taikoさん こんにちは。

さっそくありがとうございます。中国人は世界のどこにいてもコミュニティーがあってそこで情報交換したり仕事に結びつけたりしています。

何気ない一言にヒントがあることも多いですからね。よろしくお願いします。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.05.11 17:06

いつも本当に興味深く、楽しいお話をありがとうございます。
ブルターニュよりちょっと南になりますが私も手を上げてますので。

投稿: choletaise | 2006.05.14 01:25

choletaiseさん。

どうもありがとうございます。ブルターニュでも毎日新たな発見があって刺激的です。今日はブルターニュでのバルザックとユーゴーを調べているところです。もう少し事実がわかればご紹介したいと思います。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.05.15 18:17

こんにちわ。
市条さんの夢に私も賛同します
時間のある時このブログにお邪魔しています。
2年前に訪れたフジェールの町を思い出したくて...本当に細やかに勉強されているのですね
感心してしまいます。
私で協力できることあればぜひさせてください。

「幸せは自分の中にある」気になるキーワードです。私は贅沢者でつい小さな幸せを見失いがちなので。この本早速、読んでみたいと思います


私の夢は日本の食文化をブルターニュに伝えたいのですが....
ブルターニュの人にとって日本食とはどんなイメージがあるのでしょうか?

投稿: kaori | 2006.05.18 12:57

kaoriさん。はじめまして。

週末クラシックカーラリーがお城の中であるので、フジェールに行く予定。行くのは5回目です。もちろんカメラを持ってね。

「幸せは自分の中にある」というタイトルは私が勝手につけたものです。空を飛ぶ鳥は「お金もうけしたい」なんて思いませんよね。幸せの定義はひとりひとり違いますから、人と比較するのはナンセンス。でも隣の芝生のほうが綺麗に見えて不満だらけになります。困ったものです。

日本食=寿司=生魚を食べるというのが一般的なイメージ。「お好み焼きや」があったらいいのに。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.05.18 17:51

鏡の法則、読みました!
娘と父の電話のところで号泣しました。
許すことって・・人間の心理のなかで一番難しいことだと
思います。
みんなが許しあえれば、世界平和も夢じゃない!かも
しれないなーなんて思いました。

投稿: 主婦の店 nakahara | 2008.10.10 19:27

nakaharaさん。こんばんは。

人の話だと割り切れば客観的に判断することができますが、誰でも自分には甘くなってしまいます。

そういう私自身も「家族って何か」と考え続けて、葛藤があります。完全に心を開くことができたら楽になるのでしょうが・・・むずかしいですね。

投稿: 市絛 三紗 | 2008.10.10 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/10011007

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せは自分の中にある:

« 骨化誘導たんぱく質「カーミネリン」を発見 | トップページ | フランスニュースダイジェスト オンライン版 »