« Ile de Batz バッツ島 その2 島に上陸 | トップページ | ワールドカップサッカー、フランスがブラジルを圧倒 »

2006.07.01

アイルランドとスペインのケルト文化圏

Tara
  今年は雪が降る時期にアイルランドに行ってきました。ケルトの聖地、Hill of Taraタラの丘。自分の中で思い描いていた場所とは少々異なりました。

  「百聞は一見に如かず」と言いますが、自分の足でそこに立った感激は忘れがたいものです。そこで別会社のツアーでもう一度行きました。アイルランド旅行記 その2 総まとめ参照。写真のような起伏がたくさんあります。ケルトに興味のない人にはただの草原にしか見えないでしょうが・・・

  その後、レンヌは半CPEのデモで大変な混乱が続き、アイルランド旅行記も中途半端なままになっています。急に今月4日からスペインに住むブルトン人を訪ねることになりました。Madridマドリッドから200キロほど北西のValladolidバラドリッドに住んでいます。マドリッドまで飛行機で行き、それから列車で西部に向かいます。

  スペインにもGaliceガレシアというケルト文化圏があるのですが、そこはさらに北西に行ったところ。ここには世界遺産に選ばれている巡礼地St Jacques des compostelle(スペイン語ではSantiago de Compostela サンチャゴ・デ・コンポステーラ)があります。(ほたて貝参照)。

  気温は35度くらいというので夏ばてしないかと少々心配。何しろブルターニュは最高気温が20~25度くらいなので。しかしこのようなチャンスはもうないかもしれないので、とにかく行ってきます。たぶん現地からもレポートできると思います。

  

|

« Ile de Batz バッツ島 その2 島に上陸 | トップページ | ワールドカップサッカー、フランスがブラジルを圧倒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/10744257

この記事へのトラックバック一覧です: アイルランドとスペインのケルト文化圏:

« Ile de Batz バッツ島 その2 島に上陸 | トップページ | ワールドカップサッカー、フランスがブラジルを圧倒 »