« クリスマスシーズン | トップページ | 再会 »

2006.12.10

別れの時

Galettes
  現在暮らしている建物は18世紀初頭のもの。そんなところにいると、ここにはじめてやってきた6年前と何も変わってないようだ。しかしレンヌの中心部も全く同じではない。小さな路地裏にあったなじみの店がなくなったり、親しくしていた人たちが転居したりといったことだ。クリスマス市にやってくる店も毎年少しずつ異なっている。

  私は定住型の人間で、いったん住み着いたところからなかなか引越し出来ない。壁の傷にまで思い出がしみこんでいるからだ。だが、異邦人である以上、ここに骨をうめるわけにはいかない。日本で暮らす家族の事情もあり、この住み慣れたブルターニュを離れ日本に帰国することを決めた。

  いざ離れるとなると、街を歩いていても胸がしめつけられる。いつかもう一度、ここに戻ってこられるだろうか?ただの旅行者としてではなく、またこの国で暮らすことができるだろうか?未来のことは誰にもわからない。

  洋服を処分するのに未練はないが、本や資料は捨てられないので困っている。フランス語の文庫本は古本屋に売るつもりだ。日本語の本(50冊ほど)や各種ファイル、文房具、各種ポスター、ビデオ、カセットテープ、洋服、ブーツ、食器などはほしい方に無料でお譲りしようと思う。海辺で集めた貝殻や石は捨てられないだろうが・・・

  それからレンヌで引越しを考えている方も連絡を。大きな窓(2メートル)が2つ南向きにあるので日当たりは最高。床から天井までの高さは3.5メートル。場所はオペラ座の横。窓から市役所が見える旧市街の中心地で、どこへ行くのもとても便利。非常に大きなタンスと、小テーブル、イス2脚、小さな暖炉もあり。できることなら知っている人に住んでほしい。そうすれば、いつかまた立ち寄ることができるから・・・すべての連絡はこちらに。e-mail
 
 

|

« クリスマスシーズン | トップページ | 再会 »

コメント

長年住みついたところ離れるのつらいよね。
みささんが帰国することになって、さびしくなります。
レンヌにいたときも、頻繁に会えることはなかったけど、私の中で、
レンヌといえば、よしのちゃん・みささんだったから。
思い出として、みささんの家に行くのに、階段でなんどこけそうになったことか。そんな磨きがかった、階段も良い思い出です。

日本帰る前、準備で忙しいと思いますが、パリでもし時間が会ったら、連絡下さい。

個人的に、みささんの変圧器気になってます。私の持ってる110wより、うえのものだったら、ぜひ買いたいです。

投稿: kumiko | 2006.12.10 07:41

くみちゃん。こんばんは。

うちの階段、みんなすごいというもの。300年前はさぞ立派な階段だったはず・・・

変圧器、日章工業のMF-1500-Eです。1500Wだと思います。新品の市販価格は30,000円くらい。これと電気釜は2年くらい使っています。

価格は相談のうえで。電話してください。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.12.10 08:06

ううむ,帰国ですか.モノを処分したり,手続きをしたりと慌ただしいですね.ところでこのブログはどうなるのでしょう?

投稿: 俊(とし) | 2006.12.10 08:53

俊さん。こんばんは。

ブログはずっと続きますよ(笑)。写真もネタも山ほどあります。あと数十年は大丈夫です。

また、もう少し違う形でのブルターニュの総合情報サイトを作ることも考えています。まだ詳細は未定ですが・・・さらにブルターニュの奥深い情報をお届けしたいです。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.12.10 09:04

ご帰国ですか。年の瀬と相まってさぞお忙しいことでしょう。体調など崩されませんように。

一度いらっしゃる間にブルターニュ行きたいと思っていたのですが。まあブルターニュは一人でもいけるし。などと言っていながら自分の帰国予定もそう遠くはないのですが。

リアルには帰国されてもブルターニュの情報発信、引き続き楽しみにしています。

投稿: ガーター亭亭主 | 2006.12.10 17:49

日本にご帰国なさるんですか。文章全体に寂寥感が滲み出ていて、私の目頭も熱くなってしまいました。ブログは変わらずにお続けになるとのこと、少し安心しましたが、寒さの中の引越し作業は大変だと思います。くれぐれもお体にはお気をつけて…。

投稿: haru | 2006.12.10 19:26

☆料理関係の書籍が
  有るのであれば
   お手数ですが
 送ってもらえませんか?
   
 ☆料金は
   教えていただける
     所に振り込みますので。
  
 ☆注意
    発送は
   振込み後で
     かまいませんので。

投稿: ジロウ | 2006.12.11 00:47

住みなれた場所を離れるのはつらいですよね

僕も定住派なので

住み慣れた街や家・庭・景色って

離れるのはつらい

そして何よりも自分の周りの人達。。。

いつか、きっと訪れる機会がありますように・・・

投稿: うーさん | 2006.12.11 07:09

ガーター亭亭主さま

連絡いただければ、ブルターニュのとっておきの穴場をご案内しましたのに・・・

私の知り合いは長期滞在の人ばかりで、シュンゲン条約のことをよく知りませんでした。「いったんEUの外に出たらいいよ」と話していて、よく調べるとそれでは無理。10月後半にフランスに入国しているので、あと1ヶ月で帰国しなければなりません。この秋予期せぬ出来事がかさなり、ヴィザの種類変更がフランスでできなかったからです。

住居の引渡しは3月なのに・・・車も売らなければならないし困っています。でも1年の禁固および3750ユーロの罰金や3年間の入国禁止にはなりたくありませんからね。期限の延長を大使館に頼むのは無理なんでしょうね。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.12.11 07:26

haruさん。

思い違いをしていて、3月に帰るつもりだったのです。それが早まり屋台の叩き売り状態に。余韻を楽しむ余裕がなくなってしまいました。まだ行き残した場所があるんです。

ジロウさん。

日本にお住まいですよね。欲しいのは日本語の本、それともフランス語?料理といっても、どのような分野のものでしょうか?飲み物、食べ物、調理方法など・・・

うーさん。

さっき日本人の友達に「ほしいものない?」と電話したら「私も1月末に帰国するの」というのでショックでした。彼女はまだまだこちらにいると思っていたので・・・彼女の不要品もまとめて売ることになりました。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.12.11 07:36

ついに、ですね。
あと一ヶ月ですか。
……年内ですか?それとも年越ししてから?

三紗さんは私にとってはフランスネット生活二本柱の一本でしたから、まるで半身もがれるような心境ですが、状況を踏まえ、敢えてその決断に賛意を送らせていただきたいと思います。

今日12/11は、もう一本の柱:ひでさんちで「マーシャ」が来たという報をも知った、記念すべき日となりました。
http://www.hidefumin.info/kumaneko/archives/2006/12/10/post_834.php

お二人を見ていると(ブログを読んでいると)いつも勇気を貰っているような気がするのですよね…。
それだけに、このブログが続くと聞いて、一安心です。
素晴らしい記事の数々をどうもありがとう。
そしてこれからもよろしくです。

あと、本や資料系のものなら何でも引き受けますので、是非まとめて私に送ってください。
そうしておけば後で入用になった時に代わりに探したり送ったりもできますしね。

残りの在仏の日々を、悔いることなく、振り返ることなく、お体にお気をつけて。
帰省したら、是非ご家族と素晴らしい日々を。
親孝行したいときには云々とは全くよく言ったものですから。

それでは、また。
如意吉祥、ですよ!

投稿: facet | 2006.12.11 18:29

三紗さん、こんにちは。
いよいよご帰国ですか。おめでとうございます。
このブログもお続けになるとの事、安心しました。
そうそう、荷物の処分で困ったらEMMAUSがお奨めです。
http://www.emmaus-france.org/
ご存知かも知れませんが、経済的に恵まれない人達に
引き取った物を譲ったり、再販売するなどしている団体です。
うちも去年引越した時に利用しました。

色々な思いもあるかと思いますが、
日本での生活が充実した物となりますようにお祈りします。

投稿: ひで | 2006.12.11 20:18

facetさん。ひでさん。どうもありがとう。

おふたりにはコンピューターのこと、いろいろ教えていただき感謝しています。ネットを通じて知り合ったかけがえのない友人だと思っています。

それまで「ネットで友達になる」という感覚がよくわからなかったのですが、どんなにはげまされてきたことか!きっと会える日も来ると信じていますよ。これからもよろしく。

最後にはEMMAUSにすべて託していく予定ですが、これも2週間くらい前に予約しないといけないので、本当にあせっています。なにせバカンスシーズンですから・・・

投稿: 市絛 三紗 | 2006.12.11 22:28

近くご帰国とのこと。ブルターニュ再訪を考えていたので、少し残念ですが。大変情報量の多いブログで、新米ブロガーとして勉強させていただきました。拠点はどこに変わろうとも、今後のご活躍をお祈りいたします。

投稿: old-dreamer | 2006.12.15 17:58

old-dreamerさん。

今年は移動が多く自分が見た情報もここに書く時間がありませんでした。来年は少し腰を落ち着けて忘れないうちに書き留めることにします。そしてまた近いうちに戻って来たいと思っています。

投稿: 市絛 三紗 | 2006.12.15 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/12990986

この記事へのトラックバック一覧です: 別れの時:

« クリスマスシーズン | トップページ | 再会 »