« 日本で見つけたPont l'Abbéポン・ラベ | トップページ | 新年の記者会見 その2 »

2007.01.15

車が売れました

  地方新聞Ouest Franceと、自宅に無料で配られる情報誌Paru Venduに車を売るアナウンスを出していました。内容はこのようなものです。Super 5, 5 portes, 5 cv, essence, 99 000 km, Beige métal., t.b.e., propre, 1987, CT ok, urgent, cause déménagement, 1 300 € à débattre. Particulier,

  20年たった車ですが、ほかのSuper5のアナウンスと比較しても妥当な価格です。Ouest Franceを見た人から何件か電話がありました。ひとりの人に「すぐに欲しいから小切手を用意しておく」と言われ70キロ先の約束の場所まで出向くと「綺麗だけれどハンドルが重すぎる。奥さんが2週間留守なので決められない」と態度が変わったのです。それなら「見るだけ」と言われたほうがましですね。でもこの人はクリスマスに車を盗まれたのだそうですから、それ以上抗議もできませんでした。

  一方のParu Venduはまったく反応なし。最終的にOuest Franceを見た人が車を見にきました。免許をとったばかりだという若者とお父さんが一緒に来て、話し合いの末にお買い上げ。新聞には1300ユーロで提示していましたが、1100ユーロで売りました。「フランス人は絶対言い値で買わないから、少し高くしておいたほうがいい」というアドバイスをもらったので、1300ユーロと出しておいたのです。売れてひと安心です。

  夜友人を2人まねき、飲まずにとっておいたワインをあけました。ラングドック・ルシオンのワインでSkalli スカリ社の「F」という限定もの。1999年、No.8242でした。「F」とは社長のお父さん、Francis Skalli氏にささげるワインなのです。Skalli スカリ社のワイン数種類は日本に輸出されていますが、「F」は本数が少ないので輸出されていません。おしゃべりに夢中になってふと気づけば午前1時半になっていました。

  忙しい中、友人、知人に声をかけていただいたみなさん、どうもありがとうございました。人生で持つべきものは友達ですね。

|

« 日本で見つけたPont l'Abbéポン・ラベ | トップページ | 新年の記者会見 その2 »

コメント

ああ、良かった。
これでひとつ気が楽になりましたね。
ウエスト・フランス、やっぱりつかえますね!!

投稿: taiko | 2007.01.15 04:41

車、良かったですね。
むか~し友人からルノー5を買おうか迷ったけど…
日本では故障が多く悩まれそうだったので別の友人からプジョー205GTIを買いました。

投稿: lotta | 2007.01.15 10:20

taikoさん

Ouest Franceは地方紙とはいえ、やはり圧倒的に強いですからね。それにしても無料新聞、問い合わせゼロとは思いませんでした。

lottaさん

きのう友人と話していたのですが、ブルターニュでは中古車の価格がリヨン(フランス南西部の大都市)より高いようなのです。列車やバスでいけないような場所が多いからでしょうか。

日本では20年たった車なんて見向きもされませんけれど・・・チョークの使い方がやっとわかってきたところですが、もうこんな車に乗ることはないでしょうから、いい経験でした。

投稿: 市絛 三紗 | 2007.01.15 13:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/13496463

この記事へのトラックバック一覧です: 車が売れました:

« 日本で見つけたPont l'Abbéポン・ラベ | トップページ | 新年の記者会見 その2 »