« ダンボールの山ができる・・・ | トップページ | ラテン語学習のメルマガ »

2007.04.28

Le Château des ducs de Bretagne ブルターニュ公たちの城

  Chateau_de_duc

  15年間の修復工事(3年間の完全閉鎖)をへて、ブルターニュ公たちの城がNantesナントで一般公開された。ナントに行く度に堀の外から工事の様子を眺めつつ、公開をずっと待っていたので「やっと中に入れる」という感慨があった。

  Rennesレンヌに住む日本人の友人と共に跳ね橋をわたり、まず城内のレストランで腹ごしらえ。グラスワインで開城を祝って祝杯をあげた。窓から上記のような城が見え、いよいよ城見物に。

  ガロ・ローマ時代の城壁、中世の剣と展示が進むにつれて期待が高まる。「さあ。歴代のブルターニュ公とご対面!」のはずが、中世の展示はごく一部だけ。まさかと思っているうちに奴隷貿易やら、近代の工場やらがあらわれる。広い城内を駆け足で見学しても3時間くらいかかってしまって、最後はぐったり。ここはナントの歴史記念館だった。

  Le Château des ducs de Bretagne ブルターニュ公たちの城という名まえにふさわしい展示にしてほしかった。それに一度でこれだけの展示を見るのは無理がある。料金を半分にして2つ、ないし3つの部分に分けたほうがいい。そんなわけで、私としては展示方法に納得がいかない。しかも城のガイドブックもまともなものがなかった。15年間の修復工事中に、開城に向けてガイドブックも作っていないのかと拍子抜けだった。

  Le Château des ducs de Bretagne ブルターニュ公たちの城
 公式ホームページ

|

« ダンボールの山ができる・・・ | トップページ | ラテン語学習のメルマガ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/14868235

この記事へのトラックバック一覧です: Le Château des ducs de Bretagne ブルターニュ公たちの城:

« ダンボールの山ができる・・・ | トップページ | ラテン語学習のメルマガ »