« シラク大統領、最後のテレビ演説 | トップページ | Le Parloir Café パルロワ・カフェ »

2007.05.18

サルコジ氏、仏大統領就任

  シラク大統領は2期12年の任期を終了。5月16日サルコジ氏に核ボタンのコード番号などの国家機密を引き継ぎ、エリゼ宮から去っていった。「ブルドーザー」の異名を持つバイタリティーがここ数年影をひそめ、静かな交代劇だった。

  そして「祝祭の間」でドブレ憲法評議会議長から大統領選結果の報告を受けて就任式が行われた。フランス第5共和国第6代大統領、及びアンドラ公国の共同元首になったわけだ。その場にはCeciliaセシリア夫人、前妻との息子二人PierreピエールとJeanジャン、夫人の娘たちJeanne-Marieジャンヌ・マリーとJudithジュディス、そして息子のLouisルイも出席した。

  下のビデオはサルコジ氏の登場を待つ生中継の映像。最初にでてくるのが4人の子供達。最後のほうにイタリアのブランド、プラダの洋服を身につけたセシリア夫人と息子ルイの映像あり。


Investiture de Nicolas Sarkozy à la presidence française
Aperçu de l'arrivée de Nicolas Sarkozy à l'Elysée pour son investiture à la présidence française , après le départ de Jacques Chirac. SergentSharp

  サルコジ大統領(Nicolas Paul Stéphane Sarközy de Nagy-Bocsa ニコラ・ポール・ステファン・サルコジ・ド・ナジ=ボクサ)はこれからシラク前大統領に代わり、エリゼ宮に暮らすわけだ。その内部には映画館まであるとは知らなかった。

ファッション店が軒を連ねるフォブール・デュ・サントノレ通りに建つ大統領官邸は、部屋数365を誇り、約1000人の使用人が大統領の世話にあたる。18世紀に建てられたエリゼ宮には、ルイ15世様式の家具とゴブラン織りのタペストリーで飾り立てられた複数の応接間、映画室、「4つ星レストラン級」ともいえる厨房と数千本の極上ワインを蔵するワインセラーがある。宮殿の庭では毎年、7月14日の革命記念日には大統領主催のパーティーが開催される。宮殿時代の「エリゼ宮」の名称は、シャンゼリゼ通りと同様に、ギリシャ神話の英雄が死後に住む安住の地、「Elysian」にちなんでつけられたものだ。 Les Cahiers Blancs

    ところでLa Principauté d’Andorreアンドラ公国とはどういう国だろうか。それはフランスとスペインに挟まれたピレネー山中の小さな独立国だ(平均標高1997m)。

8世紀、シャルルマーニュがピレネー山中においたウルヘル伯領を起源とする。のちにウルヘル伯より宗主権を獲得したウルヘル司教と、司教から条件付きで領主とされたフォワ伯爵家との間に争いが起き、調停案として1278年、両者を対等の共同統治者とする宗主契約が結ばれた。その後、フォワ伯の権限はのちのフランス王室となるブルボン家に帰し、王政廃止後はフランス大統領がこれを引き継いだ。1993年、アンドラは新憲法を制定、ウルヘル司教とフランス大統領を共同元首とする議会制民主主義を敷き、正式に独立国家となった。同年7月、国連に加盟。 Wikipedia

  就任式の写真はLes Cahiers Blancsでどうぞ。レジオン・ドヌール勲章に興味をいだいたサルコジ大統領の息子ルイが勲章に触れようとしているのを見て、あわてている兄の表情がおもしろい。

|

« シラク大統領、最後のテレビ演説 | トップページ | Le Parloir Café パルロワ・カフェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/15110819

この記事へのトラックバック一覧です: サルコジ氏、仏大統領就任:

« シラク大統領、最後のテレビ演説 | トップページ | Le Parloir Café パルロワ・カフェ »