« ブルターニュのオマール・ブルー | トップページ | Ouest France グランプリ受賞 »

2007.06.10

ピアノをひく猫 人気にあやかりCD発売へ

    ブルターニュのオマール海老の映像を見ていた時間帯、じつは裏番組もちょっとだけ見ていた。フジテレビの奇跡体験 アンビリバボーだ。その中では手をつなぐラッコも登場していたようだが見ていないので、どういう紹介の仕方をされたのかわからない。チャンネルをきりかえた私が見たのは中国のアクロバット犬だった。そのあと、さらに信じられない映像。Noraというとてもチャーミングな猫が2本足で立ち上がり、ピアノをひいている。演奏を楽しんで夢中になって鍵盤をたたいている映像は、まさにアンビリバボー。

  家にやってきてから飼い主のBetsy Alexanderベッツィー・アレキサンダーが自宅でピアノを教えているのをじっと観察。ある日突然ピアノに向かって弾きだしたという天才猫。自分でひくだけでなく、他の演奏者の音をしっかり聴きながら一緒に連弾するのだからおそれいる。映像なしで「Erik Satieエリック・サティの演奏です」なんて言われても、私はきっと本気にしてしまうだろう。
Sac2
  4ヶ月前にYou Tubeにアップされた上の映像、カメラ目線もきまっている!すでに456万人(4563991)が見た人気映像に目をつけたのが動物もののCDを販売しているLaurel Canyon Animal Companyという会社。すぐに連絡をとり、CDを販売することになった。誰だってこの映像を見たら、引き付けられるはず。タイトルはCat On The Keysだ。視聴してみたら歌もはいっていた。歌っているのはノラではなく人間だったが・・・


  別の映像もどうぞ。こちらはノラの声もはいっている。

●芸達者なネコ 奇跡体験 アンビリバボー
 アメリカ・ペンシルバニア州フィラデルフィア。この町に住むアレキサンダー夫妻の家にはノーラというメスの猫がいる。実はノーラには特別な才能があり、お陰で妻のベッツィーさんのビジネスは大盛り上がりだという。
 そんなノーラがこの家にやってきたのは2004年、ベッツィーさんが動物収容所から引き取ってきたのだ。そして一年後のある日、ベッツィーさんの目の前であることをして以来、毎日おこなっているという。
 それはなんと、ピアノの演奏だ。きちんと椅子に座り、両足で鍵盤を楽しそうにたたくのだ。ベッツィーさんは実はピアノ教室の先生。ベッツィーさんが演奏をする姿を毎日見ていて、ノーラはピアノを弾き始めたようだ。
 ベッツィ-さんは、最近はノーラに会いたくてピアノ教室にやってくる生徒さんもいると話す。これぞまさに真の招き猫。いや、猫の恩返しかもしれない。

|

« ブルターニュのオマール・ブルー | トップページ | Ouest France グランプリ受賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/15353691

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノをひく猫 人気にあやかりCD発売へ:

« ブルターニュのオマール・ブルー | トップページ | Ouest France グランプリ受賞 »