« 絵本の中で見た夢の国 大特集 ブルターニュ大紀行 | トップページ | ブルターニュのオマール・ブルー »

2007.06.06

エッフェル氏のお屋敷

Ploumanach

  「あそこにあるのがエッフェル氏のお屋敷だよ」と散歩している人の会話が耳に飛び込んできました。それを聞いてだまってはいられません。思わず「すみません。エッフェルさんて、あのパリのエッフェル塔を建てた人ですか」と問いかけます。「そう。その通り。ほらあそこだよ」と指差す方角に振り返ると、ありました。

  バラ色の花崗岩で有名なPloumanac'hプルマナック海岸に、一軒だけ建っているのがそうです。「今ではこのような場所に家を建てることはできないのでしょう」と尋ねると「そうだね。保護区になっているから、いくら金持ちでも無理だよ」という答えが返ってきました。散歩していた男性3人は映画関係の仕事をしているそうです。バカンスで数日間、ブルターニュに滞在しているのだとか。
Maison_albert_eiffel
  L’un des fils de Gustave Eiffel, Albert Eiffel fait bâtir la villa Ker Awel au bord de la plage Saint-Guirec en Perros-Guirec 「ギュスターブ・エッフェル氏の息子のひとり、アルベール・エッフェル氏がぺロス・ギレックのサン・ギレックの浜辺沿いにla villa Ker Awelを建築」という記述を見つけました。1903年だったようですが、詳しいことはわかりません。

  以前紹介した岸恵子さんが案内するとっておきフランス旅とフォト・エッセイ集。ここでもこのエッフェル氏のお屋敷の話が出てきます。とても美しい海岸線ですから、近くに泊まって夕暮れの景色を堪能してほしいです。

|

« 絵本の中で見た夢の国 大特集 ブルターニュ大紀行 | トップページ | ブルターニュのオマール・ブルー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/15332692

この記事へのトラックバック一覧です: エッフェル氏のお屋敷:

« 絵本の中で見た夢の国 大特集 ブルターニュ大紀行 | トップページ | ブルターニュのオマール・ブルー »