« ベルサイユ宮殿「鏡の間」 一般公開はじまる | トップページ | 壊れちゃった? »

2007.07.01

仏下院、オープンソースのUbuntuを選択

  フランスのAssemblée Nationale下院は6月から、下院議員577人やアシスタントなど合計1154台のコンピューターのOSをWindowsからUbuntuに移行した。多くのLinuxディストリビューションの中からUbuntuを選んだのは使いやすいからで、スペイン議会での導入例を参考としたもようだ。WebブラウザはFirefox、電子メールはThunderbird、オフィスソフトはOpenOffice.orgを使用する。

  移行プロジェクトの予算は8万ユーロほどかかるが、全体の経費が節減できると判断。フランスでは2005年からla Gendarmerie nationale国家憲兵隊が7万台のコンピューターにOpenOfficeを採用しており、下院がUbuntu採用にふみきった理由のひとつとなった。

  このUbuntuは最近ヨーロッパでもシェアを伸ばしているようだが、私には初耳だったので調べてみた。セキュリティに配慮して設計されていて、デスクトップおよびサーバーの無償セキュリティアップデートが、少なくとも18ヶ月間。長期サポート(LTS)版を利用すれば、デスクトップについては3年間、サーバーについては5年間に渡り提供というのはすごい。またCD-ROMから起動することができハードディスクにインストールしなくても使えるのも魅力がある。


Ubuntu(ウブンツまたはウブントゥ)て何?

Linuxベースのオペレーティングシステム。マン島に本拠を置くCanonical, Ltd.がスポンサーとなったコミュニティで作られている。ラップトップ、デスクトップ、そしてサーバに利用できる。このOSには、Webブラウザ、プレゼンテーション作成、文書作成、表計算、インスタントメッセンジャーなどのアプリケーションが含まれる。
Ubuntu Japanese Team 日本におけるローカルコミュニティチームによるWiki、メーリングリスト。日本語ローカライズ版を配布。
Ubuntuにおけるセキュリティ
Ubuntuに関する書籍、DVD 
Ubuntuの創始者であるMark Shuttleworthマーク・シャトルワース氏は2002年に2000万ドルを支払って宇宙飛行したことでも有名  インタビュー(仏語)

OpenOffice.orgて何?

ワープロや表計算などを含むフリーのオフィス統合環境。アメリカSun Microsystemsの有料オフィス統合環境「StarOffice」から一部機能を省いてオープンソースで開発されている。「Microsoft Office」と操作性やデータの互換性がある。また「Word」や「Excel」などのファイルを読みこんだり書きこみもできる。ワープロソフトの「Writer」、表計算ソフトの「Calc」、プレゼンソフトの「Impress」、ドローソフトの「Draw」、データベースソフトの「Base」、数式エディターの「Math」の6つのソフトを総称したもの。
OpenOffice.org日本ユーザー会 
Mac、Linux、Windowsに感染するOpenOfficeワーム--セキュリティ企業が警告
OpenOffice、Mac対応アルファ版をリリース(CNET Japan) クラッシュデータを破壊する恐れがあると警告表示

|

« ベルサイユ宮殿「鏡の間」 一般公開はじまる | トップページ | 壊れちゃった? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/15611291

この記事へのトラックバック一覧です: 仏下院、オープンソースのUbuntuを選択:

« ベルサイユ宮殿「鏡の間」 一般公開はじまる | トップページ | 壊れちゃった? »