« サラ・ベルナールの愛したBelle-Ileベル・イル | トップページ | 蒼い聖母ご出現の地 Pontmainポンマン その4 »

2007.08.02

サーフィンのヨーロッパ到来50周年

Surf2

  サーフィンといえば、ハワイをイメージしますが、ヨーロッパにサーフィンがあらわれたのは1957年。フランスの南西部、スペインに近いバスク地方のBiarritzビアリッツだったのです。バスク海岸のVilla Belzaヴィラ・ベルザの沖合で少年たちが波の上を滑っていたので、地元の人たちも驚いたのです。
Expo_vagues_surf_vgn

  それからサーフィンはすっかり定着し、ビアリッツを含むこの地域の海を代表するスポーツとなりました。今年はヨーロッパ到来50周年を記念して様々なイベントが11月まで開催されています。サーフィンコンテストや、展示会、映画の上映やイベント、コンサートなどです。そのスケジュールはここから。上の写真はブルターニュのサーファーです。

  そのうち「バスク海岸の波とサーフィン写真展」のポスターが右。Exposition : Vagues et Surf de la Côte Basqueの内容はここから。

Biarritz fête le 50e anniversaire de l’arrivée du surf en Europe サーフィンのヨーロッパ到来50周年記念 ビアリッツ ホームページ

|

« サラ・ベルナールの愛したBelle-Ileベル・イル | トップページ | 蒼い聖母ご出現の地 Pontmainポンマン その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/15982888

この記事へのトラックバック一覧です: サーフィンのヨーロッパ到来50周年:

« サラ・ベルナールの愛したBelle-Ileベル・イル | トップページ | 蒼い聖母ご出現の地 Pontmainポンマン その4 »