« 蒼い聖母ご出現の地 Pontmainポンマン その10 | トップページ | 蒼い聖母ご出現の地 Pontmainポンマン その11 »

2007.08.17

予報用語 猛暑日続く

   猛暑で命をおとす人がではじめている。今週の暑さは尋常ではない。でも私が体験したフランス2003年8月のcanicule 猛暑よりはましだろう。何しろふだんは涼しいフランスではクーラーはもちろん、扇風機も普及していなかったからだ。このときは年配者を中心に約1万5千人が亡くなった。

  私もブルターニュのレンヌで気温が39度になったとき、唯一の防衛手段である窓を開け風を取り込もうとした。だが、入ってきたのは喉を焼くかと思うほどの熱風だけ。そのときはじめて、夏になると「鎧戸を締切り外気の進入を防ぐ」という小説描写の意味を思い知った。

  日本の現在の住まいにはクーラーがないので昨日の室内気温36度、今日は35度という厳しい暑さに、集中力が落ちている。氷枕で首筋を冷やしてはいるものの、夜になっても32、5度と気温が下がらないので汗がひかない。気象庁の予報用語では最高気温が摂氏35度以上の日のことを「猛暑日」と今年4月から定義されたそうだ。天気予報では暑さもあと数日がピークだとか。早く秋の澄み切った空が見たいものだ。

|

« 蒼い聖母ご出現の地 Pontmainポンマン その10 | トップページ | 蒼い聖母ご出現の地 Pontmainポンマン その11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/16150689

この記事へのトラックバック一覧です: 予報用語 猛暑日続く:

« 蒼い聖母ご出現の地 Pontmainポンマン その10 | トップページ | 蒼い聖母ご出現の地 Pontmainポンマン その11 »