« 蒼い聖母ご出現の地 Pontmainポンマン その7 | トップページ | 蒼い聖母ご出現の地 Pontmainポンマン その8 »

2007.08.08

夏の風物詩

Feu

たった一瞬のきらめきを記憶に残し火薬がはじけ飛ぶ。

川面をそめる無限の粒子は夜空を翔る龍のようにみえた。

   

昨晩、自宅から約2キロの川沿いで花火が打ち上げられた。夕立後の澄み切った空を見上げて歓声があがる。一夜があけて外から聞こえる蝉の声。夏なんだなと思う。日本の夏は7年ぶり。少々バテぎみだ。

|

« 蒼い聖母ご出現の地 Pontmainポンマン その7 | トップページ | 蒼い聖母ご出現の地 Pontmainポンマン その8 »

コメント

はじけているところがでていて、いい写真ですね。

投稿: sun55 | 2007.08.09 09:49

ありがとうございます。三脚なしで撮っているので、ぶれていますが・・・

投稿: 市絛 三紗 | 2007.08.09 17:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/16045704

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の風物詩:

« 蒼い聖母ご出現の地 Pontmainポンマン その7 | トップページ | 蒼い聖母ご出現の地 Pontmainポンマン その8 »