« ボーヌの最後の審判 その1 | トップページ | ゆく年を振り返りつつ »

2007.12.30

ボーヌの最後の審判 その2

Beaune_soeurs

  この広間の中央にテーブルとイスが置かれていて、そこで食事をした。食器類は他の施設で用いられていたそまつな木製のものではなく錫製だった。寝具は羽布団で寒い時には湯たんぽまで提供された。それまでの人生で辛苦をなめてきた貧者たちは、死をむかえるそのまぎわに客人のような扱いをされたのだった。
Beaune_j

  修道女たちはほとんど無償で「限りなく与えつくし、忍耐をもってすべて受け忍ぶ、犠牲の精神」をもって病人たちに安らぎを与えようとした。自分の食費や衣料費などを支払って使命をはたしたのだ。なぜなら彼らは「キリストの苦しみにあずかっている人たち」だからだ。

  肉体は日ごとにおとろえてゆくが、このような献身的な介護を受けられたら、心は満たされるだろう。いったい誰がこのような施療院を建てたのだろうか。

  その3に続く  その1にもどる

|

« ボーヌの最後の審判 その1 | トップページ | ゆく年を振り返りつつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/17515843

この記事へのトラックバック一覧です: ボーヌの最後の審判 その2:

« ボーヌの最後の審判 その1 | トップページ | ゆく年を振り返りつつ »