« Joyeux Noël メリー・クリスマス 2007 | トップページ | ボーヌの最後の審判 その2 »

2007.12.28

ボーヌの最後の審判 その1

Beaune_cour
    Beaune ボーヌに着いたとき、曇り空からひとしずくの雨が落ちてきた。車を城壁の外に置いて、はやる心をおさえつつ街にはいる。
Beaune_hospices
  15世紀に建てられたHospices Civils de Beaune ボーヌ施療院は白い壁とardoise スレート葺きの真っ黒な屋根という簡素な外観だった。ブルターニュで見慣れた建物と同じだ。ところが中庭に一歩中にはいるとこのような美しい大屋根があらわれる。これは20世紀に修復されたものだが、15世紀の瓦を忠実に再現しているという。

  順路にそってゆくといきなり大きな部屋になる。ここがボーヌ施療院の中核、la grande salle des pauvres 「貧者たちの間」だ。写真の奥に見えているのは礼拝堂だ。高い天井は木貼りで舟底をつくる技術を応用したもの。これもブルターニュの教会でよくあるものだ。梁から動物や人間の顔がにょっきりと突き出している。

  この時代でも財力がありさえすれば専属の医者をやとい手厚い看護をうけることができた。Beaune_hだが貧者は野垂れ死んで路傍の石となりはてるのがあたりまえだった。そんな貧者たちがここでは修道女たちから心のこもった治療を受けることができたのである。

  ボーヌ施療院の患者ひとりひとりに割り当てられたベットの美しいことといったらどうだろう。人目を避けたいときは、カーテンをひけば完全な個室になる。このようなめぐまれた環境で静かに死と向き合うことができた人は幸せだったに違いない。

その2に続く

|

« Joyeux Noël メリー・クリスマス 2007 | トップページ | ボーヌの最後の審判 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/16598306

この記事へのトラックバック一覧です: ボーヌの最後の審判 その1:

« Joyeux Noël メリー・クリスマス 2007 | トップページ | ボーヌの最後の審判 その2 »