« サロン・デュ・ショコラ 東京で開催 | トップページ | ボーヌの最後の審判 その5 »

2008.01.26

ルイ16世 追悼ミサ

Louis16_stdenis

  1月21日は215年前にギロチンの露と消えたフランス国王Louis XVI ルイ16世の命日だった。処刑場所は革命広場(現在のコンコルド広場)だった。遺体は近くの墓地に埋葬された。そして1815年1月19日掘り起こされBasilique de Saint-Denis サン・ドニ大聖堂に移された。

    当時墓地だった場所は「ルイ16世広場」という小さな公園になっていて、Chapelle expiatoire 贖罪礼拝堂が建っている。日本人観光客で賑わっているギャルリー・ラファイエットやプランタンからすぐ側にあるのだが、実際に行ったことのある人は少ないだろう。

  私ははじめよく調べずに行ったものだから中に入れなかった。というのも開いているのは木、金、土の午後1~5時だけ。そこでいったんブルターニュに戻り、また日程を調整して出かけることになった。(片道2時間半かかるので再訪したのは半年後だったが)。それでも内部を見学していると後から数組やってきたから、忘れ去られているわけではないようだ。Louis16

  さて上の写真はサン・ドニ大聖堂で数年前に行われたルイ16世追悼ミサの様子。出席した日本人は私だけだった。ミサの後で地下のクリプトにあるルイ16世と王妃マリー・アントワネットの墓の前でお祈りをした。今年もフランス各地で追悼ミサが行われている。

  右の写真はサン・ドニ大聖堂にある王と王妃の像である。ここには歴代の王が埋葬されている。しかしフランス革命後王たちの遺体は棺から取り出されて、大きな穴に投げ込まれてしまったので誰のものであるか判別できない。

  今年の1月21日。日本では大雪が降った。ルイ16世が処刑された時もきっと寒かったのだろうと考えた。

  

|

« サロン・デュ・ショコラ 東京で開催 | トップページ | ボーヌの最後の審判 その5 »

コメント

三紗さん、こんばんは。
もう10年位前になりますが、サン・ドニ大聖堂で歌った事があります。とても大きな聖堂ですよね。
あの時は確か6月末~7月の初めだったのでとても暑かった記憶がありますが、あれだけ大きいと冬はかなり冷えるでしょうね。
そちらは大雪ですか。リヨンは雪こそ降りませんが、このところまた寒くなって来ましたよ~(><)

投稿: ひで | 2008.01.26 23:24

ひでさん。こんばんは。

サン・ドニで歌うなんてすごいですね。普通ではできない体験です。教会は石なので夏でも涼しいですよね。冬は冷えますからいっぱい着込んでいかないと風邪をひきます。

サン・ドニでのミサはブルボン家を支持する人たち。オルレアン家支持者は別の教会で追悼ミサを行うそうです。お墓はここにあるのですが・・・

投稿: 市絛 三紗 | 2008.01.27 00:43

こんばんは。

あのルイ16世の元お墓、凱旋門方面からオペラ座への抜け道沿いにあるので、ガルニエに駆け込むときなど渋滞を避けてのショートカットとして頻繁に通りました。とても懐かしいです。

投稿: ガーター亭亭主 | 2008.01.30 01:50

ガーター亭亭主さま こんにちは。

以前ネットで日本人向けのウエディングプランを見つけました。「マリー・アントワネットゆかりの教会で結婚式を」というプラン。その教会がChapelle expiatoireだったんです。挙式されたカップルがいるかどうかはわかりませんが・・・

投稿: 市絛 三紗 | 2008.01.30 10:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/17797360

この記事へのトラックバック一覧です: ルイ16世 追悼ミサ:

« サロン・デュ・ショコラ 東京で開催 | トップページ | ボーヌの最後の審判 その5 »