« 出会いと別れ | トップページ | 沈没に注意せよ! »

2008.03.29

フランスの花粉症

Pl2

   昨年に比べてスギ花粉の飛散量が多いという。そういう私も、スギやヒノキ花粉アレルギーがある。フランスで暮らしはじめてからも少しは花粉症の症状はあった。だが年ごとに症状は軽くなってきたので、病院へも行くことはなかった。だから日本でももしかするとアレルギー症状はでないかもしれないと期待していた。ところが、2月中旬から体調がすぐれない。湿疹がでたり、発熱したりとなかなか体調が安定しないのに、スギ花粉の攻撃でまたまた病院にいくはめに。それでも薬がきいてやっと落ち着いてきた。

  ところで、フランスにも花粉症はある。友人は「一年中ある」と言っていた。ブルターニュ地方、レンヌでのデータによると4月がダントツに高い数値だ。どんな種類のアレルギーがあるかといえば、マロニエ、プラタナス、クリ、アーモンド、月桂樹、オリーブ、スギなどの樹木やススキやブタクサなどの花粉がある。

  しかし、薬局にマスクはおいていない。マスクを着用するのは道路工事などの粉じん予防のみ。風邪をひいてマスクをしようものなら冷やかな対応になる。なぜならフランスでは伝染病以外にはマスクを着用しないため。ところ変われば風習も変わるのだ。


|

« 出会いと別れ | トップページ | 沈没に注意せよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/40676375

この記事へのトラックバック一覧です: フランスの花粉症:

« 出会いと別れ | トップページ | 沈没に注意せよ! »