« 暮したい都市、一位はナント | トップページ | 広島の原爆写真は今どこに? »

2008.05.12

ミャンマーの行方不明22万人に

  5月2日にミャンマーをおそったサイクロン、Nargis ナルギスは1970年に約55万人が死亡したバングラデシュでの被害に次ぐものとなるかもしれないと危惧されている。毎日新聞の<ミャンマー>不明22万人、死者6万~10万人 国連推計によると予想以上に事態は深刻だ。

国連人道問題調整事務所は11日、「行方不明者は22万人に上る」との推計を発表した。死者数は6万3000~10万人、救援が必要な被災者は122万~192万人と推計している。

  それにもかかわらず軍事政権は外国人の救援要員の受け入れを拒否。東京新聞のサイクロン被害のミャンマー 軍政下 届かぬ支援を読むと救援そっちのけで国民投票を行っており、腹立たしさがこみあげる。

  このような状況を主要国の国家元首ではじめてまっこうからミャンマー軍事政権を「厳しく糾弾すべき体制」と述べて非難したのはフランスのサルコジ大統領だ。産経新聞、仏大統領がミャンマー政府非難 「食糧の荷下ろし妨害」参照。Birmanie - Sarkozy : le régime birman est "éminemment condamnable" TF1

  Birmanie : Des journalistes français ont filmé le chaos TF1 5月10日放送。フランス人ジャーナリストがミャンマーに入国し現地からの映像を送ってきている。住民はカメラに向かい「役人が視察に訪れたものの写真を撮っただけで帰った。食糧も薬もない」と訴えている。


    追加情報

  国連緊急援助調整官室(OCHA)は死者・行方不明者数の推計値を10万人に修正した。死者・不明者10万人に修正 ミャンマー被害で国連 共同通信

  アメリカから救援物資は受け入れたものの、人的支援は拒否し続けている。せっかくの物資も人々に届かない状態では被害はさらに広がるだろう。死者8600人以上という中国をおそった地震の映像を見るにつけ、命の重みを痛感する。米の救援物資がヤンゴン到着…軍政、人的支援は拒否 読売新聞 Chine: un puissant séisme fait plus de 8.600 morts dans l'ouest de la Chine AFP

|

« 暮したい都市、一位はナント | トップページ | 広島の原爆写真は今どこに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/41184221

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマーの行方不明22万人に:

« 暮したい都市、一位はナント | トップページ | 広島の原爆写真は今どこに? »